2012年12月05日

飼いならされた福島の人たち 日本は全体主義国家になった?!

<どこ行っとんたんか?>
ライオンに襲われるロバたちの映像をナショナル・ジオグラフィックで見ました。
ロバたちがライオンにおびえず、仲間が襲われ死んでいっても逃げもせず・・・。
ロバは、アフリカノウマを5000年前に家畜化した生き物です。
家畜化された生き物は、身の危険を察知できないんだ、と思い知りました。
ところで、中四国一帯に避難してきた福島の人たちから聞いた話です。
たまに置いてきた親に会いに帰るんだそうですが、
「どこ行いっとんたんか?」、と
白い目で見られるそうです。

<2012福島の状況>
2012年現在、降灰した放射能による異常は植物や虫たちに表れています。
・・・以下引用

福島の異常な草.jpg福島の異常な虫.jpgチェルノブイリに蝶の激減.jpg
以上、他ブログからの引用ですhttp://ameblo.jp/kennkou1/entry-11418424437.html・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レイチェル・カーソンの「沈黙の春」は福島で確実に進行しています。

<居残る人は新興宗教”科学技術教”の信者さん”ロバ”>
科学万能だと錯覚した現代工業文明は、
自分たちが失敗をしないスーパーマンだと信じる
新興宗教”科学技術教”の信者さんのようです。
「どこ行いっとんたんか?」、と白い目で見る福島の人は
生粋の信者さんで、自称科学者たちの餌食です。
まるで見えないトラ(放射能)に襲われているのに、逃げないロバです。

日本国政府の大本営発表
”総員、持ち場を断固死守せよ!!!”
、と私には聞こえてくるのです。
先の大戦では多くの日本兵がその命令を守り、”無駄死に”しました。

いま現代日本で、再び頭をもたげているのは
まさに”科学技術”と衣を着た
オブラートな全体主義です。
”福島県民よ、放射能に総員突撃、玉砕せよ!!!”、と。

人間もっと謙虚に、
”人間にはわからないことがあります”、と私は認めますが、どうですか?
”調査中”、とか
”知らない”とか
”直ちには影響ない”とか
居直りますか?


<それでも自由はある>
草や虫たちに起こったこと
数年後人間に起こります
これは道理にかない、とても自然なことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・以下東京都発表資料より
http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/60lcq100.htm
「東京都民1000万人は3600ベクレルの放射能を2011年3月に吸っていましたよ」
、という内容です。
図表http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/DATA/60lcq103.pdf
・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上東京都発表資料より

2012年山梨県中央自動車道、笹子トンネル崩落事故は、
実に奇妙な事故でした。
130m区間だけが崩落し、後は無傷でした。
この130m区間に強い力が加わった、とみると道理にかないます。
ピンとくる人は、”断層!”、と相槌です。
・・・・・・・・・・・・・・・引用http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11418895134.html
笹子トンネル崩落事故、2012年1月地震多数、あたらな断層・・・
・・・・・・・・・・・・・・・以上引用終わり

大本営、日本政府発表はボルトのせいにしていました。
ボルト腐食の原因には言及しませんでした。
これが当局のだましのテクニックと言えます。

笹子トンネルは富士山北方にあります。
勘のいい人なら、
”地層下に、新たな動きがある!”、と相槌です。
答えは富士山です。

次の富士山噴火の地震は相当でしょう。
福島第一原発も、とどめを刺されるかもしれません。
悪いことは言わないので、事前のそっと避難すべき場面が来ています。

飼いならされた家畜なら、この文章を読み小馬鹿にして逃げないはずです。
もし、飼いならされていない、まだ野性が残っている人なら、
本能の示す危険を察知し逃げる場面がやってきました。
逃げない自由も、逃げる自由もあなたのものです。
”オブラートな全体主義”では
逃げても、白い目で見られるだけです。

<見えないトラ(降灰した放射能)から>
私が思い起こすのは、メイフラワー号でアメリカに移住した新教徒たちです。
差別用語で”エミグレ”と呼ばれていました。
エミグレーション(移住)の略です。
移住者はいつの時代も白い目で見られ差別されるものです。
そういうもんだと思うと、道理にかなっています。
しかし、彼らは新しい国を作ったのです。
差別され白い目で見られるから、新しい何かをつかめました。

放射能にあたった人の家系は、いずれ途絶えていきます。
遺伝子の洪水の中では、異常な遺伝子は淘汰されていくからです。
言い替えると、
福島で被曝された方の遺伝子の異常部分は
孫やひ孫の世代で異様な形の人間となり表現型になります。
そして、差別・選別され消えていきます。
福島の異様な形の草や虫たちは、孫やひ孫の世代の人間の姿です。

奇形児1.jpg奇形児3.jpg奇形児2.jpg

見えないトラ(降灰した放射能)に食われ続けています。
食い殺されるロバたちはトラが危険なものだとわからなかったのです。
だから、仲間が死んでも逃げもせず、トラに向かっていきました。
当然みんな食い殺されました。

今若い世代ができることは、
1.見えないトラ(降灰放射能)を見る
1.見えないトラを危険視する
1.見えないトラから逃げる
1.”エミグレ”になる決心をする
1.”エミグレ”は白い目で見られ生き残る
1.孫、ひ孫たちから感謝される

遠い未来に結果が出ます。
断固とした信念が問われます。
同時に、人間力が試されています。

<原発はいずれなくなる>
いずれ30年もすれば、ウランは掘り尽され、無くなります。
ウランがなくなれば、原発は無用の長物です。
これは道理にかなっていて、自然なことです。

自民 石破幹事長が言うように
「政府は、プルトニウムが欲しい」 だけです。
言い換えるなら
数百万人の遺伝子異常はやむを得ない
日本政府のために子子孫孫の異常は耐えてくれ
後のことは知らないけれど

私にはそんなふうに聞こえます。
しかし結果には自己責任です。
あなたが取るしかありません。

他人任せ・・・
あいつが言うから・・・
あいつが悪い・・・
あいつさえ・・・・

これ責任放棄といいます。
騙されてもともとです。
つまらない意地をはらないです。

2012年の私たちが耐えれば済むこと。
白い目で見られ差別され

それでも、
子子孫孫に笑われ、けなされ恨まれるよりましではないですか?
”我が先祖は先見の明があったなあ・・・”
”我が先祖はよくぞ決心してくれたもんだ、感謝!感謝!”
これはかっこいい生き方です。
まさにヒーロー・ヒロインなのです。

今からお子さんを生む世代や
お子さんを育てている世代の方々
首都圏の方、東北の方、福島の方

放射能のないところへ移住した方がいいです。
”えみぐれ”になってください。
人間にはわからないことだらけなのです。
未来のことはわからないのです。

放射能汚染の急拡大は、やってくるんではありません。
もうあなたの横にいます。
posted by uutan at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

低量放射線の危険性&被爆医師 肥田 舜太郎 氏&防止策

肥田 舜太郎 氏は被爆患者の臨床をふまえて、「原爆ぶらぶら病」とよばれる症状(全身がだるい症状)や、内部被曝、微量放射線・低線量被曝の健康影響について研究し、その危険性について述べられました。
のべ64年間、6000人を超える被爆者の診察をされました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E7%94%B0%E8%88%9C%E5%A4%AA%E9%83%8E
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120112dde012040014000c.html

以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201201270148.html

東京電力福島第1原発事故を受け、学者や医師らが設立した「市民と科学者の内部被曝(ひばく)問題研究会」が27日、東京都内で記者会見し、政府に対し、年間1ミリシーベルト以上の被ばくが見込まれる地域の子どもを集団疎開させたり、妊産婦や病人を安全な地域に移したりすることを求める提言を発表した。
提言は、原発を推進してきた学者ら「原子力ムラ」以外のメンバーで委員会をつくり、事故原因を究明することなども求めている。
研究会のメンバーで、広島への原爆投下で被爆した肥田舜太郎医師は「日本人は放射線の被害を教わっていない。もっと勉強し、放射線と縁を切らなければいけない」と訴えた。米国の水爆実験で被ばくした「第五福竜丸」元乗組員の大石又七さんは「(日本は)全然進歩していない。原発を導入した人たち(正力松太郎ら)の責任が問われなくて良いのか」と憤りをあらわにした。 [時事通信社]
以上引用終わり・・・・・・・・・・・・・・・

原発を導入したのは、”原発の父” 正力松太郎氏です。正力松太郎氏はA級戦犯ながら不起訴となりました、2006年CIA工作お手伝いさんだったことが、アメリカ公文書公開により明らかになっています。(早稲田大学 有馬哲夫教授により判明
詳しくはhttp://uutanokayama.seesaa.net/article/241042825.html
http://www.videonews.com/on-demand/531/001945.php
http://www.f.waseda.jp/tarima/pressrelease.htm

わずかな量の放射線への暴露には、重大な問題があるとの指摘があります。
それがベトカウ効果です。
ペトカウ効果http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%A6%E5%8A%B9%E6%9E%9C
以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・
体内で放射される
アルファ線ベータ線などの低線量放射線は体液中に浮遊する酸素分子に衝突して、活性酸素に変化させる。電気を帯びて有害になっている活性酸素は、電気的エネルギーにより細胞膜を破壊し、大きな穴を開ける。その穴から放射性をもつ分子が細胞内に入り込み、細胞内で行われている新陳代謝を混乱させ、細胞核の中にある遺伝子に傷をつける。遺伝子を傷つけられた細胞が死ねば何事も起こらないが、生き延びて細胞分裂を遂げると、遺伝子の同じ箇所に同じ傷を持つ細胞が新しく生まれる。細胞分裂が繰り返されていく中、受け継がれた遺伝子の傷のために何かの機会に突然変異が起こり、血液疾患が生じうる。遺伝子を損傷した細胞が生殖細胞であれば何代目かの子孫に異常が発現しうる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スイス
の科学者ラルフ・グロイブ(Ralph Graeub , 1921-2008)は、ペトカウ理論について以下のように述べている。§  活性酸素は放射線によっても生じ、細胞膜の脂質と作用して過酸化脂質を生成し、細胞を損傷する。低線量では活性酸素の密度が低く、再結合する割合が少なく効率よく細胞膜に達し、細胞膜に達すると連鎖反応が起こるため、放射線の影響は低線量で急激に高まる。§  上記の事象は、活性酸素を消去する作用のある酵素スーパーオキシドディスムターゼSOD)を投入すると減少または観察されなくなることから、放射線起因の活性酸素によるメカニズムであることが裏付けられている。§  個体レベルでは、活性酸素及びその反応によって生じる過酸化脂質などにより、悪性腫瘍動脈硬化症心臓病脳梗塞を含む多くの病気や老化が引き起こされる。§  ペトカウは人工膜のみでなく、幹細胞膜、白血球膜などを含む生体膜を使った実験でも同様の結果を得ている。§  人体中のSODなどの酵素や食物中のビタミンミネラル類などの抗酸化物質は、活性酸素に対する防御機能があり、被曝後の影響を低減させる可能性がある。
以上引用終わり・・・・・・・・・・・・

ベトカウ氏は、ガンマ線により(酸素⇒活性酸素)となり細胞膜を破壊することを示しました。
一方、秋月辰一郎 博士は玄米食と味噌を勧められました。
博士は、広島で爆心1.4kmでフランシスコ病院医長として被爆。
89歳の長寿を全うされました

http://uutanokayama.seesaa.net/article/249089732.html
日本人は玄米食と味噌で守られています。
活性酸素を取り除けたからこそ、博士も長寿を全うされたのです。
是非、被爆医師の実践を我々も実践しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
注意 世の中には様々な脅しをかける自称 科学者たちが少なくありません。
簡単に我々は思考を惑わされます。

事実だけを見てください。
過去には優れた実践家たちが多数います。
実践家と同じ食事をすれば、長寿は全うできます。
ご健闘下さい。

ベトカウ効果を詳しく知りたい方はこちらをクリック
posted by uutan at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放射線防御への期待 渡邊敦光氏 講演 味噌汁食べて

2012年1月28日 広島大学名誉教授 渡邊敦光氏(専門 放射線生物学)の講演を聞いてきました。

御用学者の名をいただいている 渡邊敦光氏ですが、
日本の伝統食 味噌汁こそが日本人の長寿の秘訣であり、
味噌汁こそが、放射線による発がんを防ぐ効果があること、
学校給食に是非、味噌汁を常食するよう取り入れる方がいいこと、
を力説されていました。

生味噌を食べさせたラットでは、放射線に対して、放射線障害が出にくかったそうです。
福島で被爆した方々は、今からでもいいから、生味噌を食べる食事にされる方がいいと力説されていました。

以下渡邊氏講演内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<がん発生のメカニズム>
がん発生のメカニズム「多段階説http://kusuri-jouhou.com/creature2/hassei.html
イニシエーション(DNAに傷をつける)
⇒ プロモーション(細胞増殖の制御がきかない)
⇒ プログレッション(悪性化)
⇒ 発がん
被爆後の年数と発がん.jpg広島県医師会 正しい放射線の知識より引用
詳しくは「原爆放射線の人体影響」http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-02-03-10

被爆後発がんまでには時間があります。
プログレッションや発がんに至る前に、方策を講じればいいわけです。

<長崎で被爆した医師 秋月達一郎博士の実践:味噌汁と玄米>
秋月辰一郎 博士は玄米食と味噌汁を勧められました。
博士は、広島で爆心1.4kmでフランシスコ病院医長として被爆。
89歳の長寿を全うされました。

詳しくは「味噌の科学と技術」全国味噌技術会
http://marukawamiso.com/blog/?p=2451
http://www2.nbc-nagasaki.co.jp/peace/voices/no11.php
秋月辰一郎博士 長崎被爆位置.gif

<味噌の成分とマウス実験>
味噌の摂取が、傷ついた細胞再生に効果があるのかマウスで実験しました。
肺がん、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20071645
肝がん、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19089922
大腸がん、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18708407
乳がん、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12813174
胃がん
脳卒中、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18025534
高血圧 
すべてで効果がありました。

小腸の細胞再生効果のある味噌の成分は
アグリゴン型イソフラボン ++効果あり
合成メラノイジン      ++効果あり
ビタミンC          ++効果あり (
自衛隊採用)
でした。

他の発酵食品についても
マウス実験(各食品を与えのちに解剖)と
培養した小腸細胞の再生効果を実験しました。
納豆       ++効果あり
ケフィア上澄み ++効果あり
没食子酸     ++効果あり
レイシ(紅芝泉)  ++効果あり
アガリスク    −− 効果なし
一部ヨーグルト −− 効果なし

熟成が180日以上の生味噌が望ましいようです。
理由は、褐色の汁 メラノイジンがさらにたくさんできるからです。
抗ガン作用を持っています。

<具たくさんの味噌汁の勧め 血圧降下>
味噌汁一杯の塩分は、1.2g。
塩分を、味噌汁で摂取したマウスの血圧は下りました。
同量の塩分をそのままで摂取したマウスは、高血圧になりました。

カリウム、マグネシウム、カルシウムは血圧を下げます。
カリウム(果物、イモ類、野菜)
マグネシウム(ナッツ、納豆、玄米)
カルシウム(根菜)
詳しくは味噌ガールhttp://miso-girl.com/index.html

<地方伝承の健康食>
沖縄地方の「かっちゅうゆ」。
味噌汁に鰹節を入れてます。疲れた時の一杯だそうです。

島根の味噌汁は下痢止めになると言われています。

1300年以上続く味噌食。
日本人の体質と、日本の風土に合っています。
是非、学校給食に美味しい味噌汁を取り入れてほしいと思います。

広島県医師会 正しい放射線の知識http://www.hiroshima.med.or.jp/pamphlet/245/3-2.html

以上発表内容要旨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


秋月辰一郎 博士が玄米食と味噌汁を勧められました。

<フィチン酸は抗がん剤>http://uutanokayama.seesaa.net/article/228811299.html
フィチン酸は抗がん剤サプリメントです。
活性酸素を酸素にして毒性を無くします。
以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・
粉末状即席味噌汁中のフィチン酸含量 
山本嘉弘, 篠田粧子, 吉田勉 (東京都立川短大)
抄録
以前,穀類や豆類に多量に含まれる,亜鉛や鉄などの利用性を低下させるフィチン酸(I)含量が,納豆ではほとんど低下していないことを報告したが,今回市販の粉末状即席味噌汁の普通の製品3種と納豆を含む製品の水分,全リンP、,可溶性リンP 及びフィチン酸(I)I態リンPを分析。
前者(粉末状即席味噌汁)3種は全リンP中の約95%が可溶性リンで
,後者(納豆を含む製品)では80%がフィチン酸(I)態であった。
すなわち,大豆中のフィチン酸(I)は味噌製造中の発酵工程で殆ど分解される(イノシトールになる)ことが判明した。
以上引用終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<味噌中のイソフラボンはアグリゴン60〜80%>
http://www.omiso.or.jp/modules/tinyd3/index.php?id=3
大豆のイソフラボンは、(糖ー結合ーアグリゴン)の形で吸収されにくいと言われています。
イソフラボンのアグリゴンは吸収されやすく、女性ホルモンのような働きをし、今回の講演では、抗ガン作用、細胞再生能力があると示されました。

<褐色物質メラノイジン 抗酸化>
活性酸素を捕まえ、酸素に戻してしまう効果があります。
つまり、ガンを未然に防ぎます。
味噌樽の中に浸み出す褐色の汁には、メラノイジンが含まれます。

メイラード反応による生じるから褐色の汁です。

炒めた飴色の玉ねぎ、デミグラスソース(ブラウンソース)の褐色、焙煎したコーヒー豆、黒ビールやチョコレートの色素、味噌や醤油の色素、パンやご飯の「おこげ」に含まれます。

以下引用・・・・・・・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E5%8F%8D%E5%BF%9C
例えば、
味噌は優れた抗酸化能力を有し、味噌のラジカル補足能力はその大半をメラノイジンが担っており、味噌の色調が濃いほどその能力が高まっているとされている[4]。動物実験では、味噌の摂取で肺癌胃癌乳癌肝臓癌大腸癌の抑制効果が認められ、味噌の熟成度が高いほど効果が高かったとの報告がある[5]
以上引用終わり・・・・・・・・・・
尚、高温で調理される炭水化物、ポテトチップやフライドポテト、ビスケット等中にアクリルアミド(発がん、神経毒)が2002年にスウェーデンで発見されました。アミノ酸のアスパラギンとブドウ糖のメイラード反応によってアクリルアミドができます。

posted by uutan at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。