2012年01月27日

遺伝子組み換え(GM)穀物の議論の行方は??

これは朝日新聞グローブの記事です。
この議論には大きな問題点があります。
どこがおかしいかを、どうぞ考えてみてください。
以下記事転載・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「安全性が確実に保証されなければ、認めるべきではない」

「リスクより便益が大きければ、導入を進めるべきだ」
この10年間、遺伝子組み換え(GM)作物をめぐる賛否は、この2つの意見の間で揺れ動いてきた。そのなかで大豆をはじめとしたGM作物の作付面積は、着実に拡大している。米国にある国際アグリバイオ事業団(ISAAA)によると、1996年に170万ヘクタールだった世界のGM作物の作付面積は、2007年には11430万ヘクタールと約70倍にも広がった。これは日本の総面積の3倍、耕地面積の25倍にあたる。GM割合.gifGM作物を栽培しているのは米国、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、インド、中国など23カ国。そのほとんどは穀物で、すでに大豆は世界全体の約3分の2が、トウモロコシは約4分の1GM化している。ただ、これまでに導入されたGM作物は、除草剤を浴びても枯れないか、特定の害虫への抵抗性を備えているか、この2つのタイプが主流だった。ここ10年の急ピッチの普及は、農家にとって農薬散布の手間やコストが削減されるという、経済的な理由からといえた。これからのGM作物には、社会的な役割への期待もかかる。たとえば、飢餓対策。現在、世界で約9億人が飢餓に苦しんでいる。2050年に世界人口が90億人を超えると穀物の需要は現在の1.5倍に増えると言われ、生産量がいまのままでは飢餓人口がさらに増える恐れがある。寒冷地や乾燥地でも栽培できるGM穀物ができれば、食糧増産の一助になる。フィリピンにある国際イネ研究所(IRRI)では、GM稲「ゴールデン・ライス」の試験栽培が続く。ビタミンAのもととなるベータカロテンを含み、貧しい国の子供たちのビタミンA不足を解消することをねらう。2年続きの干ばつに見舞われたオーストラリアでは、乾燥に強いGM小麦の開発を急ぐべきだとの声が強まっている。ほかにも、薬用成分をもたせることで医療や健康管理に役立てたり、土壌汚染を吸収する作物をつくったりするアイデアなどがある。
穀物価格の高騰で、途上国の食糧危機が表面化した今年7月のサミットでは特別声明にGM技術を含めた「バイオテクノロジーの促進」が盛り込まれた。 
しかし、反対意見はなくならない。
グリーンピース・インディアのラジェシュ・クリシュナンさんは「最大の問題は、農民に十分な知識が備わらないまま、現実が先を行くこと。灌漑設備がなければGM作物はうまく育たないのに、種苗会社はそうした情報をきちんと提供せず、種だけを売りつけている。高い種に手を出して失敗した綿花栽培農家の自殺が相次いでいます」。生物の多様性が失われるという議論も環境団体などの間で活発だ。大手種苗会社によるタネの独占がますます強まり、これまで自家受粉で農家が代々引き継いできた種子が、姿を消してしまうのではないか、という懸念の声だ。こうした遺伝資源の喪失は、長期的にみれば新しい品種が生まれにくくなったり、特定の病気や害虫があっという間に広がったりする危険があるという。もう1つが、新しい「外来種」として生態系を脅かすという指摘だ。
実際、日本にもGM作物は入り込んでいる。農林水産省は046月、ナタネの代表的な輸入港である茨城県鹿島港周辺でGMナタネの自生を確認した、と発表した。油などの原料として陸揚げし、工場へ輸送する途中でこぼれ落ちたためと見られている。市民団体などの調査では、すでに横浜港、清水港(静岡県)、名古屋港、神戸港、博多港(福岡県)などの周辺で、GM作物の自生が確認されている。賛成、反対の対立を和らげようとする動きもある。
オランダ・ワーヘニンゲン大学の研究チームは、GM技術を「種をまたいだ組み換え(トランスジェニック)」と「同一種内の組み換え(シスジェニック)」に分類し、まずシスジェニックから認めてはどうかと提唱している。「神の領域」外で
交配とハイブリッド.gif
もともとGMへの拒否反応は、自然界では起きない「種をまたいだ組み換え」への違和感からくることが多い。まるで神の領域へと入ってしまったかのような異種間のGMの実用化はとりあえず棚上げし、より違和感の少ないところから始めようという提案だ。
GMジャガイモを研究するアントン・ハーバーコート博士は、病気に強い遺伝子をメキシコの野生種のジャガイモから取り出し、食用ジャガイモに導入することに成功した。
「こうしたGMは、従来の品種改良の発展形と考えていいのではないか」と博士は言う。「消費者の不安は尊重すべきだ。そのうえで、温暖化や食糧危機に対して、できることはなにか、そこから考えてみたい」
記事転載終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我々人類は、地球上の生物としては新参者です。
つい数百万年前に森から出て来て進化して、脳が600ccから1600cc程になった生き物です。
ところが、例えば菜種は6000万年の歴史を持っていると言われます。
6000万年絶滅せずに生き残るのは大変なことで、その遺伝子は完成度が高いものです。

ハイブリッドとは、品種改良のため毎年毎年掛け合わせを行い種を選別していきます。
GMとは、実験室で一瞬で目的の遺伝子を組み込んでしまい、その後検証するため栽培します。
GMでは、自然界には存在しないタンパクを組み込んだり、ウィルスの遺伝子を植物に組み込んだりできます。
ところで、GM植物の作り方は簡単です。
目的のタンパク質をつくりだす遺伝子を人工的に作り出します。
トランスポゾン.GIF
それが説明図の中に小さく表示された丸い円です。
植物に遺伝子を導入するために作られたレトロトランスポゾンです。
トランスポゾン自身は、1940年バーバラ・マクリントックがトウモロコシの斑(ふ)から発見し、83年ノーベル生理学医学賞を受賞しています。
トウモロコシのゲノムの約80%がトランスポゾンまたはそれから派生した配列であるといわれます。
このレトロトランスポゾンを強制的に植物の受精卵に導入するとGMができます。

つまりGM植物とは、人工的な突然変異体です。
突然変異と言えば、癌も遺伝子が傷つき変化した(突然変異した)人間の細胞です。
真っ白なトラや猿が生まれたりするのも突然変異です。
突然変異体とは環境に適応できずに自滅していくというのが定めです。
これを人工的に個体数を増やした場合、地球環境からの自然淘汰という洗礼がありません。
人間の身勝手で、自然淘汰無しに異物を大量に殖やすことが大問題です。
とても乱暴なたとえですが、突然、人間の体にガン細胞を大量に作り出したらどうなるでしょうか?
死んでしまうのではないでしょうか?
遠い将来、GMの割合が増えた大豆やトウモロコシは種として衰えて、絶滅してしまうわけです。
種の進化にはそれなりに理由があって進化しています。
その理由と何千万年という時間に敬意を払い、その遺伝子を操作することは避けなければならないのではないでしょうか?

生物学的形質の発現の解明には、その至近因(HOW?)究極因(why?)の両方から探求します。
例えば、大豆の進化の歴史の中でGMはどのようにそうなっているか?を至近因といいます。
一方、究極因は、どうして大豆のGMは存在するのか?となります。
これを解明するのは、遠い将来何万年後の人類かもしれません。

西洋人と東洋人は、考え方が端的に違います。詳しくは、「木を見る西洋人 森を見る東洋人」リチャード・E・ニスベットをどうぞ。
現在、西洋人の手がけた農業地域(アフリカ、インド、オーストラリア、北米・・)では砂漠化が起こっています。
西洋人の特徴は、コントロール願望です。
ダムを作り、富を操り、新たな化学物質をあまた作り出し、ついには地球環境まで・・・。
人類の浅知恵では分からないことが多いはずですが、西洋人は万能感に包まれた世界にいます。

たくさんの植物から人間の食べ物として選択した植物を、穀物と言います。
その種を食べて我々は生きています。
その食べ物が遠い将来なくなるリスクをしょい込めますか?

もう一つの問題があります。
GM植物に導入した遺伝子は、他の植物に伝染するんです。
記事転載・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://wired.jp/wv/archives/2002/01/16/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%80%E3%81%A7%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E7%B5%84%E3%81%BF%E6%8F%9B%E3%81%88%E4%BD%9C%E7%89%A9%E8%A8%B4%E8%A8%9F/

カナダの有機栽培農家が、遺伝子組み換え作物の大手メーカー、モンサント社とアベンティス社の現地法人を相手どり、集団訴訟を起こした。原告側は訴状の中で、遺伝子組み換え作物が「汚染物質」であるとし、実験栽培および市場供給の差し止めと、損害賠償を求めている。

Charles Mandel 20020116
 カナダ、サスカチェワン州サスカトゥーン発――カナダの有機栽培農家が10(現地時間)、遺伝子組み換え作物の大手メーカー2社を相手どり、集団訴訟を起こした。

 サスカチェワン州の約1000世帯の有機栽培農家を代表するラリー・ホフマン氏とデイル・ボードン氏が同州裁判所に訴えたのは、米モンサント社と仏アベンティス社の現地法人、モンサント・カナダ社とアベンティス・クロップサイエンス・カナダ・ホールディング社。訴状は、両社の遺伝子組み換え作物は「汚染物質」だとしている。

 原告は、モンサント社が現在行なっている遺伝子組み換え小麦の試験栽培と、市場への供給の差し止めを求めている。

 さらに、自分たちの栽培するカノーラ[カナダで栽培されている菜種の一種]がモンサント社とアベンティス社の遺伝子組み換えカノーラによって汚染されたとして、損害賠償も求めている。

 訴状には次のように書かれている。「被告によって自然環境に持ち込まれた遺伝子を原因とする、広範囲にわたる遺伝子組み換えカノーラの汚染のため、サスカチェワン州のほとんどの有機作物認定農家は、汚染の危険を恐れてカノーラの栽培ができなくなった」

 遺伝子組み換えカノーラが売り出されたのは、モンサント社の『ラウンドアップ・レディー』(Roundup Ready)1996年、アベンティス社の『リバティー・リンク』(Liberty Link)1995年のこと。2000年にはカナダ西部で栽培されるカノーラの半分――栽培面積にして約24000平方キロ――が遺伝子組み換えカノーラとなった。

 訴状の中で、有機栽培農家は「自生する遺伝子組み換えカノーラが近隣の作物に害を与える可能性について警告を受けなかった」とし、風によって運ばれる花粉や種子の量を最小限に抑えるために「緩衝地帯」を作るべきだという警告も受けていない、と主張している。

 「汚染のレベルは進んでおり、遺伝子組み換えでない種子を栽培するサスカチェワン州の農家のほとんどが、自分のところのカノーラ種子が遺伝子組み換えではないと保証できなくなるだろうところまで来ている」と訴状は述べている。

 モンサント社は、カナダ西部におけるカノーラ生産に貢献していると自負する。「カナダのカノーラ生産に関わる人と話し、遺伝子強化を行なったカノーラの統計数字と急速な適応力を見るだけで、これがカナダ西部におけるサクセスストーリーだとわかるだろう」
モンサント社によれば、カナダ西部の80%以上のカノーラ栽培農家は昨年、なんらかの遺伝子組み換えカノーラを栽培することを選んだいう。「すべての統計値は、これら農家の大半が遺伝子組み換え技術に価値を見出していることを示している」

 モンサント社は、有機栽培農家が自分たちの育てる作物について意見を持つのは当然だが、市場には誰でも参入できるはずだ、と述べる。

 一方、アベンティス社は訴状を見ていないのでコメントできないと述べた。「われわれは、これらの製品を科学的根拠に基づくカナダの規制法に従って出荷し、カナダの農業の経済的発展に大きく貢献してきたと考えている」

 モンサント社とアベンティス社が抗弁書を提出した後、原告は90日以内に文書を裁判所に提出し、集団訴訟としての確認を求めることになる。これに応じるかどうかは裁判所次第だ。農家側のテリー・ザクレスキー弁護士は、「いま言えることは、数ヵ月以内に文書を提出し、できればすぐに裁判所の確認を得たいということだけだ」と語る。

 栽培農家と原告側弁護士にとって心配の種は、メーカー側の経済力だ。サスカチェワン有機農法理事会(Saskatchewan Organic Directorate)は、「メーカーはわれわれよりもはるかに資金を持っている」と述べる。

 ザクレスキー弁護士は、農家には訴訟を起こす強い根拠があるものの、「確実に言えることは何もない。被告側が大金を使って(訴訟の)確認を阻止するケースもある」と付け加えた。

 サスカチェワン有機農法理事会によれば、カナダ国内や米国各地から、訴訟を支援する小切手が送られてきているという。「われわれはメッセージも受け取っている。そこには、『私は農家ではないが、健康に気を遣い、できる限り有機食品を食べるよう努めている』というようなことが書かれている」
[日本語版:寺下朋子/高森郁哉]

以上記事転載終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
事実だとすると、重大な問題が起こります。
この遺伝子が作り出すものは、今まで地球上になかったタンパク質です。
この遺伝情報が、パソコンウィルスのように伝染していきます。
パソコン同様、生命は精密品です。
壊れるんではないでしょうか?

事実だけで考えてください。
悠久の時間の末に我々地球号の生き物がいるのです
これを汚染していいのでしょうか?

posted by uutan at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝子組み換え穀物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

遺伝子組み換え大豆は赤ちゃんを殺す ? 転載

これはロシア科学アカデミー 高次機能・神経行動学研究所
イリナ・エルマコバ氏の研究結果を転載あするものです。
・・・・・・・・以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■海外のレポートから■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
遺伝子組み換え大豆は赤ちゃんを殺す ?
Jaffrey M Smith(ジェフリー・M・スミス)
『The Ecologist』2006 年 1 月号 27-29 ページ
解説と翻訳 : 上田昌文

 ロシア科学アカデミー 高次機能・神経行動学研究所の主導的な研究者であるイリナ・エルマコバは、GM(遺伝子組み換え)大豆の粉末を餌に混ぜてメスのラットに与えてみた。それを、非 GM の大豆粉を餌に混ぜて与えたラットと、餌に大豆粉をまったく混ぜなかったラットで比べてみた。妊娠 2 週間前にあわせて開始したこの実験は、妊娠中と出産してからの授乳期間中も継続された。
 出産時の結果をみて、エルマコバは驚いた。
そうでない母ラットから生まれた仔に比べて、GM 大豆を摂取した母ラットから産まれた仔ラットには、非常に身体が小さいものがいた。生後 2 週間で比較すると体重が 20 グラム以下の仔ラットが、非 GM 摂取もしくは大豆非摂取の母由来では 6% を占めたに過ぎないのに、GM 摂取の母由来では 36% になった。
 しかし、さらに驚きだったのは、仔ラットが死に始めたことだった。出産後 3 週間以内にGM 大豆摂取の母由来の仔ラットは 45 匹中 25 匹(55.6%)が死亡した

対照群である非 GM 大豆摂取グループで 33 匹中 3 匹(9%)、大豆非摂取グループでは 44 匹中 3 匹(6.8%)が死亡しただけだった。
 エルマコバは母と仔のラットの主要な臓器を保存し、それらを詳細に分析するための研究計画を立てた。ラットへの食餌実験を繰り返したり拡張したりし始めたが、すぐさま研究資金が底をついてしまった。この研究に必要な 7 万ドルの来年度予算が認可されるかどうかはまだ
わからない。そこでエルマコバは国立遺伝安全協会が主催したシンポジウムに招かれた際、予稿集の論文の筆頭に「予備的研究」と題してこの研究を示し、2005 年 10月 10 日の GM 食物のリスクを扱ったセッションで発表した。

 彼女が実験に用いたのはモンサント社の「ラウンドアップレディ」大豆である。この大豆は、モンサント社の除草剤「ラウンドアップ」に耐性を持つ(すなわち、25Citizens' Science その除草剤に負けずに成長する)ことができるように、大豆の遺伝子に細菌の遺伝子が組み込まれている
エルマコバのユニークな実験は、規模も小さいし、まだピアレビュー(専門家による査読)を受けていないので、ラウンドアップレディ大豆が胎児に影響を及ぼすのかどうかを結論付けることはできない。
しかし GM 大豆について知られている事実から、それが次世代の健康に影響を与えるかもしれない、いくとおりかの可能性を想定することはできる。

手がかりとなる過去の研究
 母親が摂取した有毒物質やアレルゲンや栄養阻害物質のために、新生児の健康が損なわれることがある。そうした物質は、胎盤を通過して胚の発生に影響を与える恐れがある。
母親が摂取した食べ物の中に含まれる DNAでさえ、その一要素になりえる。妊娠中のマウスに摂取させた DNA の断片が、その母から生まれた新生仔の脳に見出されたとドイツの科学者は報告している [1]。
 
母親の食事が子孫にどんな影響を与えるのかという広範な問題の突破口を開いたのは、エピジェネティックスという分野(DNA 塩基配列の変化を伴わず細胞分裂後も継承される遺伝子機能の変化を研究する学問)でなされている注目すべきいくつもの研究である。
2003 年の『分子細胞生物学雑誌』8 月 1 日号のカバーストーリーでは「妊娠前、妊娠中、授乳中の母マウスにありふれた4 種類の栄養補助剤を与えることだけで子どもマウスの体毛の色は変えられることを科学者は見出した」とある。
母親が何を食べるかで子孫の遺伝子の発現が実際に変わったのである。栄養補助剤はまた「子孫が肥満、糖尿病、ガンへの罹りやすさを低減する」[2]。ならば、食事を変えればそれと反対の効果を生み出し得るということになる。
 
この知見をふまえれば、遺伝子組み換え食品が有毒性を持ったりアレルゲンや栄養阻害物質になったりする可能性を排除できない以上
、妊娠中の母親が GM 食品を摂取することのリスク
  続きを読むときはここをクリックしてください
posted by uutan at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝子組み換え穀物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

GM穀物

http://moneyzine.jp/article/detail/154637
昨日に引き続き、穀物メジャーや化学メーカーの動き。
http://fx-koryaku.com/modules/monthly/details.php?bid=133&cid=7

こちらはチャールズ皇太子が遺伝子組み換え穀物を告発する記事。

ヒトは地球の農地を破壊し続けている。
更なる破壊を続け、人類はいづれ滅びる運命なのかもしれない。
金持ちは更なる資本集積を図り、特権階級を不動の地位にしようとしている。

アフリカの大地は豊かだった。
しかし穀物メジャーによってアフリカの豊かな土地は作物を輸出する。
そしてアフリカの人々は飢餓、人口爆発、援助物資漬け・・・・。

ところでウィルスは、恐ろしいほどの浄化能力を持っている。
貧富の差を問わず、人類を殺傷する。
レトロウィルスとして、DNAにもぐり込み、新たな形質発現を促す。
DNAが人類に操られようものなら、ウィルスの逆襲も相当かもしれない。
最近、言われるのは、野菜食による発ガン。
土壌中の窒素が、硝酸の形になって酸化されすぎている。
それを吸収した野菜は、ヒトの身体をヒトのDNAを酸化し傷つける。
そして発ガンしたヒト細胞は異生物になり増殖。

DNAを持つヒトがいくらチョコマカしたって、七変化するRNAのウィルスには敵わない。
DNAの進化の鍵を握るのは、やはりRNAだろう。

われわれヒトは環境保護といっては、ゴミ袋を何とか・・・・石油が何とか・・・・。
本気で取り組んでいるとは私には信じられない。

かつて石綿は小学校の理科室にいっぱいあった。
しかし、毒性が明らかになり代用物が見つかるや使用禁止となった。
同じことがこれからもありえる。
むしろ、発ガンの怖れのある合成色素不買やおかしなものは値段が安くても食べない。
身の回りから出来ることが一番の近道。
環境保護は、私たちの身体に取り込む食べ物の安全性から、つまらない薬を取らないことから始まるだろう。
自分の身体の環境保護に努めれば、おのずと産直、地産地消、農薬の排除・・・・につながると思うのだけれど、どうだろうか?
それが高じて地球に優しい生活につながるはず。
posted by uutan at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝子組み換え穀物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。