2012年01月28日

警戒 前震か? 2012年1月28日 大地震まであと数日?

いよいよ東海東南海南海大地震の前震らしきものが起こりつつあります。
2011929日以来震度5以上の地震はありませんでした。
2012123日福島県沖 震度5
2012128日山梨 震度5
3
ヶ月半の沈黙を破って、大きな地震が起こりはじめました。
詳しい資料はhttp://itounannkairendou.seesaa.net/article/248853705.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
震度5以上の地震一覧(2011年3月9日以降)
日時         震源地      規模・月 震度
2011年3月5日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年3月9日 11時57分 三陸沖 7.2 5弱
2011年3月11日 15時12分 --- --- 5弱
2011年3月11日 15時14分 --- --- 5強
2011年3月11日 15時17分 三陸沖 7 5弱
2011年3月11日 15時24分 茨城県沖 7.4 6弱
2011年3月11日 16時34分 三陸沖 6.6 5強
2011年3月11日 16時34分 --- --- 5弱
2011年3月11日 17時43分 --- --- 5強
2011年3月11日 17時45分 福島県沖 5.8 5強
2011年3月11日 20時38分 --- --- 5弱
2011年3月11日 20時41分 岩手県沖 6.4 5弱
2011年3月12日 22時19分 --- --- 5弱
2011年3月12日 22時25分 福島県沖 6 5弱
2011年3月12日 23時40分 新潟県中越地方 4.4 5弱
2011年3月12日 4時03分 新潟県中越地方 6.6 6強
2011年3月12日 4時34分 --- --- 6弱
2011年3月12日 4時35分 新潟県中越地方 5.8 6弱
2011年3月12日 5時46分 新潟県中越地方 5.3 6弱

2011年3月13日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年3月13日 8時39分 宮城県沖 6.2 5弱
2011年3月14日 10時14分 茨城県沖 6.2 5弱
2011年3月15日 22時33分 --- --- 6強
2011年3月15日 23時34分 静岡県東部 6 6強
2011年3月16日 13時00分 千葉県東方沖 6 5弱
2011年3月19日 18時58分 --- --- 5弱
2011年3月19日 19時05分 茨城県北部 6.1 5強

2011年3月20日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年3月23日 18時58分 福島県浜通り 4.7 5強
2011年3月23日 7時23分 福島県浜通り 6 5強
2011年3月23日 7時40分 --- --- 5強
2011年3月23日 7時45分 福島県浜通り 5.8 5強
2011年3月24日 17時28分 岩手県沖 6.1 5弱
2011年3月24日 9時03分 茨城県南部 4.9 5弱
2011年3月20日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年3月28日 7時37分 宮城県沖 6.5 5弱
2011年3月31日 16時25分 宮城県沖 6 5弱
2011年4月1日 19時53分 秋田県内陸北部 5.1 5強
2011年4月2日 16時59分 --- --- 5弱
2011年4月2日 17時02分 茨城県南部 5 5弱
2011年4月3日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年4月7日 23時46分 宮城県沖 7.4 6強
2011年4月9日 18時46分 宮城県沖 5.4 5弱

2011年4月11日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月

2011年4月11日 17時20分 福島県浜通り 7.1 6弱
2011年4月11日 17時25分 福島県浜通り 6 5弱
2011年4月11日 17時32分 福島県浜通り 5.6 5弱
2011年4月11日 20時52分 茨城県北部 5.9 5弱
2011年4月12日 14時17分 福島県浜通り 6.3 6弱
2011年4月12日 7時29分 長野県北部 5.5 5弱
2011年4月12日 8時19分 千葉県東方沖 6.3 5弱
2011年4月13日 10時11分 --- --- 5弱
2011年4月13日 10時17分 福島県浜通り 5.8 5弱
2011年4月16日 11時30分 栃木県南部 5.9 5強
2011年4月17日 1時00分 新潟県中越地方 4.8 5弱

2011年4月18日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年4月19日 4時17分 秋田県内陸南部 4.8 5弱
2011年4月21日 22時47分 千葉県東方沖 6 5弱
2011年4月23日 0時34分 福島県沖 5.6 5弱
2011年4月25日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年5月3日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年5月6日 2時05分 --- --- 5弱
2011年5月6日 2時09分 福島県浜通り 5.3 5弱

2011年5月11日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年5月17日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年5月25日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年5月25日 5時37分 --- --- 5弱
2011年5月25日 5時40分 福島県浜通り 5.1 5弱
2011年6月2日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・ 新月
2011年6月2日 11時37分 新潟県中越地方 4.7 5強
2011年6月4日 1時04分 福島県沖 5.6 5弱

2011年6月9日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年6月16日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年6月23日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年6月30日 8時21分 長野県中部 5.5 5強
2011年7月1日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年7月5日 19時28分 和歌山県北部 5.4 5強
2011年7月8日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年7月15日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年7月15日 21時10分 茨城県南部 5.5 5弱
2011年7月23日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年7月23日 13時43分 宮城県沖  6.5 5強
2011年7月25日 4時01分 福島県沖  6.2 5弱
2011年7月31日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年7月31日 4時03分 福島県沖     6.4 5強
2011年8月2日 0時09分 駿河湾     6.1 5弱

2011年8月6日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年8月12日 3時32分 福島県沖   6 5弱
2011年8月14日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年8月19日 14時49分 福島県沖  6.8 5弱
2011年8月22日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年8月29日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年9月5日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年9月7日 22時34分 浦河沖      5.1 5強
2011年9月12日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年9月20日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年9月21日 22時33分 --- ---      5弱
2011年9月21日 22時40分 茨城県北部 5.3 5弱
2011年9月27日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年9月29日 19時16分 福島県沖 5.6 5強
2011年10月4日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年10月12日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年10月20日 ・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年10月27日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年11月3日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年11月11日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年11月19日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年11月25日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2011年12月2日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2011年12月10日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2011年12月18日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2011年12月25日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新月
2012年1月1日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上弦の月
2012年1月9日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 満月
2012年1月16日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下弦の月
2012年1月23日 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・ 新月
2012年1月23日 20時55分 福島県沖 5.1 5弱
2012年1月28日 7時54分 山梨県東部・富士五湖 5.5 5弱
2012年2月8日 21時05分 佐渡付近 5.7 5強

着色部が新月~上弦~満月の間に起こった地震(震度5弱以上)です。
引用終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東日本大震災
311日の2日前に前震というM7.2三陸沖 がありました。
これが呼び水となり、2
日後、海底の大崩落が数百キロに及びました。
しかし、気象庁や学会の学者さんにはわからなかったし、気をつけろとも言ってくれませんでした。

一度間違いを犯した専門家の言うことは、いかがなものかと思えます。

下々として、専門家の言うことを信用できない、であれば、

思考ではなく、別の力を使わねばなりません。

以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48067723.html

「富士山大噴火」(宝島社)を出版した琉球大学名誉教授の木村政昭博士は、東日本大震災との関連性についてこう語る。311地震と同じ海底震源域で起きた『貞観(じょうがん)大地震(869年、震源は宮城県沖から福島県沖、推定M8.3以上)』では、その35年前にかけて富士山が火を噴いています。その点から考えても、富士山で噴火が再発する危険性は確実に高まっているといえるでしょう。やはり、311地震の直後に富士山直下型地震が連動発生した事実は重いのです。ひと言でいえば、311日から現在にかけて本州の広域で起きてきた地震のほとんどは、富士山体下の強大なマグマ流動と関わりがあります。おそらく平成富士山大噴火も、311地震と拮抗(きっこう)するような、かつてない巨大規模のエネルギー解放になるでしょう」
以上引用終わり・・・・・・

東海東南海南海大地震震源域図.png

以上 気象庁より引用・・・・・・・・・・・・・ 

貞観の大地震(869年)も、富士山噴火と東北の大地震、東南海地震と強い相関があります。事実だけを並べてみると、今回も強い関連がありそうです。
これは動物的直観を全開にして感じてみてください。
思考の結果からは結論は出せない問題です。
恐れても仕方がありません。
以下引用・・・・・・・・・・・・・・・http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Tectonic_plates_boundaries_detailed-en.svg
プレートテクニクス.gif
以上引用終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレートの動きは→で出ています。
大きく見るとアジア全体に影響が出ています。
北日本大震災の震源域が相模トラフや南海トラフに圧力を加えています。
もちろん、カムチャッカ半島付近やフィリピン以南にも大きく影響しています。
北日本大震災の規模が観測史上最大レベルでした。
リスクマネジメントの観点から、
警戒レベルを高め、備えあるのみです。

特に標高20m以下にお住まいの方、九州から関東まで
ご健闘お祈りします。

<補足>
どうしても地震が怖い方は、

電気通信大学 早川 正士 名誉教授が地震予知サービスを提供されています。

政府が否定する地震短期予測。みんなで地震国日本発の事業を応援しましょう。インフォメーションシステムズ株式会社. 個人向けサービス 月210

http://www.informationsystems.jp/

試しに一度ご利用ください。



posted by uutan at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

東南海連動地震の被害 燃え盛る津波

事実を積み上げ、事実だけから考えてみます。

東日本大震災での被害の多くは、津波でした。
しかも、海洋船舶が燃えて陸地へ押し寄せていました。
湾炎上イメージ.JPG
東海・東南海・南海地震は、現代史上初めて大都市を襲う20mの津波です。
しかし港湾は整備され、水路は湾奥深くまで来ています。
夢では船舶が転覆し燃え盛る大阪湾でした。
燃え盛る湾の火とともに大阪湾奥深くまで、炎の津波がつき進んでいました。
あらゆる建物が類焼していました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当にその可能性を検証してみました。
大阪神戸港に入港する船舶情報http://www.toyoshingo.co.jp/chokuzen/
名古屋港に入港する船舶情報http://www2.port-of-nagoya.jp/select/selpierarrival

大阪と名古屋だけですが、あまりの数の船にびっくりします。
特に大阪港は危険物のタンカーの割合(36%)が高いそうです。
沿岸には大量の燃料タンクがあります。
東北大震災をスケールアップした燃える海がタンカーと一緒に流れ込んできます。

”大阪湾を襲う津波被害”http://www.ddt33.dpri.kyoto-u.ac.jp/katsudou/h15_happyoukai_2nd_pdf/h16_0729_toku3_3.pdf
この被害予想は、4mの津波を予想していますが、2011年7月の記事です。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110616/trd11061613530016-n1.htm
以下転載・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国が対策を急いでいる東海・東南海・南海地震について、関西大と京都大、人と防災未来センター(神戸市)が3つの地震の震源域を九州側に延伸し、新たな震源域を加えた4連動地震を想定した津波モデルで対策を検討することが26日、わかった。東日本大震災の発生メカニズムを参考にしたためで、4連動地震の場合、20メートル級の大津波が予想されるといい・・・
以上転載終わり・・・・・・・・・・・・・・・・
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110727/trd11072711400008-n1.htm
以下引用図表・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上引用図表終わり・・・・・・・・・・・


先の”大阪湾を襲う津波被害”ですが、大阪市や堺市の土地の”地盤高概念図”を示す図があります。
20mの津波だと、大阪市は津波で洗濯といっても過言ではないわけでしょうか?
近畿だけで津波の被災人口は400万人超です。
大阪は逃げにくい土地ですからどうしましょうか?
歩いて移動しても山まで遠いです。
沿岸部のタンクも問題にしています。
http://www.pref.kagawa.jp/bosai/denshikokudo/higai/tsunamishinsui/tsunamishinsui.html
この地図は沿岸部のタンクの様子がよくわかります。

タンク近くの方は、お気をつけて。
タンクから少し距離のある方は、とりあえず高層ビルに逃げ込むしか手はなさそうです。
商業ビルなら各階5m高なので、5階以上に逃がれねばならないでしょう。
マンションなら各階3m高なので、7階以上に逃がれねばなりません。

東北でも明らかなように、行政は何もできません。
他人に頼らないで逃げるという教訓でした。
「てんでんこ」あるのみ。
お一人お一人自己責任で逃げます。

大阪湾は特にヘドロがきついので、津波は比重が大きく、車がプカプカします。
だから、水につかっていてはなりません。
お気をつけて下さい。

詳しくはhttp://itounannkairendou.seesaa.net/?1327672031

<補足>
どうしても地震が怖い方は、
電気通信大学 早川 正士 名誉教授が地震予知サービスを提供されています。政府が否定する地震短期予測。みんなで地震国日本発の事業を応援しましょう。インフォメーションシステムズ株式会社. 個人向けサービス 月210

http://www.informationsystems.jp/

試しに一度ご利用ください。

posted by uutan at 12:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

東海東南海南海連動地震の可能性高まる2012年2月

5月以降磁気コンパスのズレが駿河(30°)~房総(180°)まで起りましたが、11月におさまってきました。
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/08/24/6437/

ところが、ここへ来てクジラの異常行動が数多く報告されはじめました。
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/23/9286/
以下転載します・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・12月26日 神奈川県小田原市 マッコウクジラ
・12月27日 静岡県河津町 ザトウクジラ
・1月2日 小田原市 ザトウクジラ
・1月8日 千葉港 子クジラ(種類不明)
・1月10日 東京湾・青梅埠頭 ナガスクジラ
・1月14日 北茨城市 マッコウクジラ
海洋環境学者の辻維周氏(私立滋慶学園講師)は、
東京湾最奥部の青海埠頭付近にまで大型のナガスクジラが来た例は、過去にないことだと驚く。
以上転載終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これが意味しているところは、極めて大量に海底岩盤が細かくひび割れ、電波を出していることです。

地震の電波が聞こえることで有名なみゆ吉さんのブログ
http://ameblo.jp/miyukichikun/
相当やかましく聞こえ始めていて、1月23日現在、警戒レベルです。
人間の方にも何やら異様なことになりつつあります。

東大地震研究所 加藤愛太郎氏らのグループの詳しい資料です。
http://news.mynavi.jp/news/2012/01/23/058/index.html
二度にわたるスロー地震が、東北北関東大震災の引き金になっていたという報告です。

ブログ:クラシカルジャパンのスロー地震について
http://classical.mo-blog.jp/blog/2011/11/post_f710.html
房総沖のスロースリップ

スロースリップに詳しいぶろぐはこれ。
http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52013562.html

防災科研のプレス発表資料
http://www.bosai.go.jp/press/2011/pdf/20111031_01.pdf
房総沖のスロー地震は通常6年周期でしたが、
30年間の観測史上最短の4年でスロー地震が10月から再来しています。
防災科研ではこれに注視している模様。

産経新聞から以下引用転載・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110616/trd11061613530016-n2.htm
【東日本大震災】M9で想定以上の津波「阪神16市襲う」 JR大阪駅・御堂筋…東南海・南海地震で試算
以上引用転載終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111014/dst11101419360018-n2.htm
産経新聞から以下引用転載・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特に、4連動地震については、東南海地震が発生して15分後に東海地震が発生した場合、東京湾の津波はこれまでの3連動地震の被害想定の1・5〜2倍に増大する可能性が判明。湾奥では最大2・5メートルだが、湾口の横須賀などでは4メートルの津波が起き、駿河湾は10メートル以上になる可能性があるという。
以上引用転載終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それぞれに考えておられることがあります。
しかし、人間の浅はかな思考の結果ですから気にすることはありません。

どうぞ、観測された事実、
特殊能力で感じる事実、
クジラたちの感じる事実、
事実
のみに注意してください。

そしてゆっくり黙って少し感じてみてほしいのです。
人間は人間である前に、生物です。
生物ゆえ、迫る危機があれば感じるところがあります。
どうぞその危機を感じ取ってみてください
極めて動物的感覚で。
(これは徴候をとらえる微分的認知回路を使って感じてもらっています。)

危機管理的対応を申し上げるならば、
20m以上の津波でも流されないビルを見つけてください。
生活の場面(勤務地、通勤中、自宅付近等)ごとに逃げ込むビルを決めておきます。
ご家族にも同じことをしてください。
小中学校に通っているご子息も同じです。
いざとなれば集団行動を止め単独でも逃げる必要があります。
「てんでんこ」です。

私がこれをアップした理由は、いよいよだと感じたからです。
勝手な私の感覚です。
私の願いは、
少しでも多くの人に生き残っていただくことです。
ご健闘を祈っています。

詳しくはhttp://itounannkairendou.seesaa.net/?1327672031

<補足>
どうしても地震が怖い方は、
電気通信大学 早川 正士 名誉教授が地震予知サービスを提供されています。政府が否定する地震短期予測。みんなで地震国日本発の事業を応援しましょう。インフォメーションシステムズ株式会社. 個人向けサービス 月210

http://www.informationsystems.jp/

試しに一度ご利用ください。

posted by uutan at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。