2012年02月17日

東日本大地震の福島市浜通りは人工地震!日本政府プロジェクト二酸化炭素埋設CSS事業 

いつも自問自答し、より真実に近づく努力が必要です。
<福島県浜通りの勿来発電所とCSS事業>二酸化炭素排出削減のために世界で取り組んでいるのがCSS事業です。政府の予算は3兆円以上。CSSとは、二酸化炭素を地下に貯留する事業です。(下図)二酸化炭素貯留イメージ.png()
福島県浜通りには勿来(なこそ)発電所があり、CCSの実証炉(石炭1700t/日)を運転しています。平成19年以来設置実験しています。
http://www.ccpower.co.jp/research/pdf/doc/gijutu.pdf
 

<深度7km程の地震が起こる福島県浜通り>
2012年2月日本地震.png
2012年2月の地震をあらわした地図です。
福島浜通りは、地下10km付近(真っ赤な丸)で震災以来600回以上の余震があります。
勿来発電所の近隣には、液化した二酸化炭素が大量に存在します。

 <欧米では当たり前、地中埋設の水で誘発地震>
欧米では、地熱発電や、天然ガス採掘場で、地中埋設した水が誘発地震を起こすことが広く知られています。
2012年米国オハイオの天然ガス採掘場で地震(水破砕法)
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2848844/8252788

2009年スイス バーゼル地熱発電所で地下に高圧水を送り誘発地震&裁判http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/8414795.stm
英語版ウィキペディア:EMS(強化地熱システム)では、誘発地震の項目があります。
以下英語版ウィキペディア引用・・・・・・・・・・・・・・
強化地熱システムと誘発地震http://en.wikipedia.org/wiki/Enhanced_geothermal_system
誘発地震
ハイドロせん断技術を使用により流し込む流体の透過性を強化したりする強化地熱システム(EGS)で誘発地震は避けられない。石油ガス産業で水圧破砕が使用されるとき、引張破壊の誘導されやすくなるのとは対照的に、EGS(強化地熱発電システム)は、比較的小規模蒸気の熱交換のための既存のジョイントセットにせん断破壊を誘発ししているように見えるカリフォルニア州の間欠泉地熱地帯における地震は高圧水注入データと強く相関している(スイスの)バーゼルで誘発地震が起こった際、町は地震ハザード評価を行うために、プロジェクトを中断し、200912月にプロジェクトは中止されました。n contrast to induction of tensile failure, the purpose of hydraulic fracturing used in the oil and gas industries, EGS seeks to induce relatively small shear failure of the rock's existing joint set to create an optimum reservoir for the transfer of heat from the rock to the water in order to produce steam. [ 32 ] [ 33 ] Seismicity events at the Geysers geothermal field in California have been strongly correlated with injection data. [ 34 ] The case of induced seismicity in Basel merits special mention; it led the city (which is a partner) to suspend the project and conduct a seismic hazard evaluation, which resulted in the cancellation of the project in December 2009.[35] Risks associated with "hydrofracturing induced seismicity are low compared to that of natural earthquakes, and can be reduced by careful management and monitoring" and "should not be regarded as an impediment to further development of the Hot Rock geothermal energy resource".
引用終わり・・・・・・・・ 
日本の国会(参議院)で質問されています
中越地震と中越沖地震が二酸化炭素 の貯留実験(長岡)で引き起こされた可能性についてhttp://oilgas-info.jogmec.go.jp/pdf/2/2103/0809_out_e_CCS.pdf
引用はじまり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11
ページ(2) 国会質疑  
(2008年)5 12 日に開催された参議院決算委員会において、新潟県長岡における CO2 の貯留実験(期間:2003/72007/1、貯留量:約 1 万トン)と、中越地震(2004/10)、中越沖地震(2007/7)発生の相関関係について質問があった。
米国、日本、ドイツにおいて、水ないしは液体を地中に注入した場合、地震が発生している事例を取り上げた。それに対し、甘利大臣は、「圧入した地層と中越地震及び中越沖地震の震源が位置する地層との間に連続性がない」と地震との関連性を否定したが、安全性を確認するためのフィージビリティースタディ費用対効果調査が重要であると答弁している。

上記の日本CCS 調査は、福島県勿来発電所構内の石炭ガス化複合発電(IGCC)設備から排出されるCO2 を、沖合にある帝国石油の枯渇ガス田に貯留する事業について、2011年度を目処に検討・評価する。
枯渇ガス田は、2,000万トン以上の CO2 を貯留できるという。
 
引用終わり・・・・・・・・・・・

勿来発電所でもまた地震が発生してしまいました。原発を巻き込んだ地震は費用対効果でも、取り返しのつかない損失ではないでしょうか?
 
<福島県浜通りは発生メカニズムが違う>
ウィキペディアに詳しいので引用します。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E6%B5%9C%E9%80%9A%E3%82%8A%E5%9C%B0%E9%9C%87
以下引用・・・・・・・・・・・・
福島県浜通りの北緯365642秒、東経1404018秒、深さ約6kmを震源とするマグニチュード7.0モーメントマグニチュード6.6[1])の地震。福島県浜通り、同県中通り茨城県南部で最大震度6弱を観測した。この地震の発震機構は東北東 - 西南西方向に張力軸を持つ正断層型であり、地殻内で発生した地震大陸プレート内地震)であるとされ、気象庁東北地方太平洋沖地震の震源域で発生した余震であるとした。ただし、プレート境界域における海溝型地震である東北地方太平洋沖地震とは、地震発生のメカニズムが異なる。また、茨城県北部や福島県浜通り地方では東北地方太平洋沖地震以前はほとんど地震活動が無かったが、311以降活動が活発化した。この地震活動は大きく南北2つの領域で発生していた。南北2つの領域の間ではこれまで地震がほとんど発生していなかったが、411の地震はこの間を埋める領域で発生した[2]その後の調べで、大きな地震の発生が予想されていなかった井戸沢断層が動いて起きたということが明らかになった[3]。さらに産業技術総合研究所の調査では井戸沢断層の他に湯ノ岳断層と未知の断層である塩ノ平断層の活動が確認された。これらの断層が数秒の間隔で動いた事による地震としている[4]。東北地方太平洋沖地震の震源域における西南端部での発生ではあるが、大きな海溝型地震に誘発されて内陸部の断層がずれることで発生する誘発地震とみることもできる。
以上引用終わり・・・・・・
 地震は断層が原因で起こると考えるのが主流派の地震学のようです。
しかし、戦前の日本の地震学では断層は地震の結果だと主張します。
大きな揺れの後に断層ができた目撃証言に基づいています。
そして、世の中にはさらに深く考えている人がいました。
これは、粘性流体の工学から導かれる、反主流の石田理論です。
http://youtu.be/Uxiy2AYRnIU
 

<東日本大地震は奇妙な地震>
東京大学地震研の井出準教授の分析を紹介します。
東日本大震災の二面性http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2011/12.html
以下引用・・・・・・・・・・・・・
全世界のデジタル地震観測網で観測された地震波記録である。図1はその記録の例であり、311日の本震とその2日前に発生したマグニチュード7.3の前震の波形を比較している。この比較から最初の奇妙な点として、前震の地震波より本震の地震波の方がゆるやかに始まっていることに気づく(図1)。本震は約 3秒の間、ためらいがちに破壊し始めたのである。

地震に伴う災害は主に津波によって引き起こされた。その津波を引き起こしたのがBの海溝付近の大きなすべりである。このすべりは地震以前に蓄えられていた力を100%解放するだけでなく、さらに「すべり過ぎ」るほどすべったために、大きな津波を引き起こした。これがダイナミックオーバーシュート(動的過剰すべり)と呼ばれる現象である。東北沖地震のダイナミックオーバーシュートはもうひとつの奇妙な現象となって現れている。沈み込み帯の地震ではプレート境界をはさんで陸側が海側に乗り上げる(逆断層地震)。その反対、陸側が海側に対してずり落ちるような地震(正断層地震)はまず起きない。ところが地震直後マグニチュード6程度の正断層地震が2つ発生した(図2)。すべり過ぎた分のおつりとしてずるずるっと戻ったようである。このような報告例は未だかつてない。
東日本大震災イメージ.jpg


引用終わり・・・・・・・・・・・


2
日前の39日の前震はゆっくりすべり
それが大地震を起こしたという加藤愛太郎助教授の論文
http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/2012/01/aitarokato_science/

実に奇妙な地震であった東日本大地震です。
以下は、日本近海の断層地震の例を図で詳しく示した説明図です。
http://www.jma-net.go.jp/ishigaki/school/200303/jisin03.htm

我々は、いつも目の前のデータに忠実であり続け、
この自然現象、地震に謙虚に向き合う姿勢こそが求められています。

 この石田理論をさらに学ばれたい方はクリック
posted by uutan at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

2012年2月、日本近海の地震? 世界の地震? プレートは動く

地震について不安をあおる記事を報道機関がいろいろ出しています。
なるべく事実に基づき行動したいものです。
起こっても、起こらなくてもよかったよかったとなるよう、危機管理をするのが正しい備え方ではないでしょうか。
いよいよ満月となりました。
下弦の月 2月15日ぐらいまでは地震の確率が高く警戒が必要です。
この1ヶ月の地震頻度図です。(防災科学技術研究所データを加工)

1月日本広域地震マップ加工済.png
大雑把に4つのプレートが日本でぶつかっています。
太平洋、フィリピン海プレートは日本へ押し寄せ、地中に潜り込んでいます。

北米プレート上に東日本大震災の震源域があります。
その南西への延長線上が怪しい一帯です。
フィリピン海プレート&北米プレート&太平洋プレートと関連します。

ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境目に、南海、東南海、東海地震の予想震源域が広がります。
ユーラシアとフィリピン海、北米プレートの3つが交わるところに富士山があります。

注目点1:
東日本大震災震源域の南西の端、千葉県東方沖は震災後から無数の地震が起こっています。
日時場所規模最大震度
2012年2月8日 11時54分 ごろ千葉県東方沖3.11
2012年2月7日 4時19分 ごろ千葉県東方沖3.82
2012年2月5日 9時38分 ごろ千葉県東方沖4.12
2012年2月2日 19時34分 ごろ千葉県東方沖3.31
2012年1月27日 14時27分 ごろ千葉県東方沖4.42
2012年1月27日 13時19分 ごろ千葉県東方沖5.13
2012年1月26日 12時34分 ごろ千葉県東方沖3.11
2012年1月25日 5時19分 ごろ千葉県東方沖3.31
2012年1月23日 18時18分 ごろ千葉県東方沖3.91
2012年1月22日 12時11分 ごろ千葉県東方沖42
2012年1月22日 12時09分 ごろ千葉県東方沖4.62
2012年1月19日 22時09分 ごろ千葉県東方沖4.53
2012年1月19日 21時23分 ごろ千葉県東方沖42
2012年1月19日 12時33分 ごろ千葉県東方沖3.31
2012年1月18日 3時53分 ごろ千葉県東方沖3.41
2012年1月18日 1時21分 ごろ千葉県東方沖3.31
2012年1月16日 20時50分 ごろ千葉県東方沖3.71
2012年1月16日 15時29分 ごろ千葉県東方沖4.22
2012年1月16日 15時21分 ごろ千葉県東方沖4.11
2012年1月16日 4時47分 ごろ千葉県東方沖3.21
2012年1月15日 16時15分 ごろ千葉県東方沖3.21
2012年1月12日 18時30分 ごろ千葉県東方沖3.41
2012年1月11日 4時25分 ごろ千葉県東方沖3.41
2012年1月9日 13時41分 ごろ千葉県東方沖3.62
2012年1月9日 13時29分 ごろ千葉県東方沖3.11
2012年1月8日 8時52分 ごろ千葉県東方沖42
2012年1月6日 8時05分 ごろ千葉県東方沖3.51
2012年1月4日 6時33分 ごろ千葉県東方沖3.41
2012年1月1日 16時32分 ごろ千葉県東方沖3.82
2012年1月1日 10時26分 ごろ千葉県東方沖3.11


注目点2:
房総半島沖合い、東京近くの小さい地震が頻発し始めています。

日時場所規模震度
2012年1月16日 17時46分 ごろ千葉県南東沖3.41
2012年2月7日 22時38分 ごろ千葉県北西部4.22
2012年1月18日 10時25分 ごろ千葉県北西部42
2012年1月18日 6時08分 ごろ千葉県北西部3.61
2012年1月15日 9時43分 ごろ千葉県北西部3.52
 
2012年1月9日 1時52分 ごろ千葉県北東部3.93
2012年1月1日 14時49分 ごろ千葉県南部3.61
 
2012年2月5日 9時11分 ごろ茨城県南部3.21
2012年2月4日 19時21分 ごろ茨城県南部3.92
2012年2月1日 13時59分 ごろ茨城県南部3.11
2012年1月22日 10時20分 ごろ茨城県南部4.13
2012年1月17日 12時30分 ごろ茨城県南部4.73
2012年1月14日 21時52分 ごろ茨城県南部3.11
2012年1月3日 8時07分 ごろ茨城県南部3.51
   
2012年2月7日 8時10分 ごろ東京都多摩東部42
2012年2月1日 17時22分 ごろ東京都多摩東部2.31


注目点3:
3つのプレート、北米、ユーラシア、フィリピン海プレートの交わりが富士山です。
富士山で浅い地震が頻発し始めています。
日時場所規模最大震度
2012年2月5日 8時26分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年2月3日 10時57分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.41
2012年1月31日 2時29分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年1月29日 20時39分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.61
2012年1月29日 18時38分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.92
2012年1月29日 18時26分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.31
2012年1月29日 17時41分 ごろ山梨県東部・富士五湖3.22
2012年1月29日 17時39分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.81
2012年1月29日 16時46分 ごろ山梨県東部・富士五湖4.74
2012年1月29日 15時16分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.91
2012年1月29日 0時19分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.21
2012年1月28日 23時58分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.91
2012年1月28日 15時05分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.61
2012年1月28日 13時19分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年1月28日 12時45分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年1月28日 10時58分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.61
2012年1月28日 8時07分 ごろ山梨県東部・富士五湖3.31
2012年1月28日 8時04分 ごろ山梨県東部・富士五湖4.13
2012年1月28日 7時48分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年1月28日 7時46分 ごろ山梨県東部・富士五湖4.13
2012年1月28日 7時43分 ごろ山梨県東部・富士五湖5.55弱
2012年1月28日 7時39分 ごろ山梨県東部・富士五湖54


3つのうち、どれかが着火すると
東海、東南海、南海地震と連動して4連動もありえます。

YOUTUBEのStoryMonoroch氏の
東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図(2011/10/15)
http://www.youtube.com/watch?v=QGH08OyQXg4&feature=autoshare

日本だけを見ていても仕方がないので、太平洋西部を見てみると
YOUTUBEのStoryMonoroch氏の
2011年の世界の地震 分布図 World earthquakes 2011 Visualization map (2012-01-01)
http://www.youtube.com/watch?v=cwWn_W6ZbT4&feature=mfu_in_order&list=UL
これを何度も見ていると日本の地震の前に、フィリピン、インドネシアで何かしら動きがあることに気がつきます。

世界の地震が見れるサイトhttp://www.iris.edu/dms/seismon.htm

フィリピン海プレートがきしんでいます。
2012年2月6日フィリピン ネグロス島沖の地震は大きかったです。
少し日本も警戒モードになるのがお分かりいただけると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下目立った記事です。

琵琶湖北側湖底で広範な謎の熱水噴出、20年来で初めて見た研究員
http://www.spotlight-news.net/news_f8D1tt0beQ.html
琵琶湖は断層で出来た湖です。深いところで水深100m以上。
私は滋賀県出身ですが、地学の先生が30年前から地震が近いと言い続けていました。
1662年以来、いよいよかもしれません。
福井原発銀座は土地の隆起数mで大被害かもしれません。

相次ぐ直下型地震…「M7」首都直下の前兆なのか専門家に聞いた
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120208/dms1202081127009-n1.htm
関東直下の綾瀬川断層。
高崎から東京直下まで120kmに及ぶ長大な断層がありそうだということ。
それは中央構造線(日本最大の断層)につながっていること。
数万年単位で2回の大きな活動があり、一回に動いた高さは鉛直方向で4m。
現在、この断層の存在は全く考慮されず過小評価していますが、この記事ではふれていません。
綾瀬川断層とはこちら
http://riodb02.ibase.aist.go.jp/activefault/cgi-bin/segment_param.cgi?SearchTYPE=&fval_zichitai=&fval_type1=&fval_type2=&fval_type3=&fval_type2_opt1=&fval_type2_opt2=&fval_type3_name=&fval_type3_yunder=&fval_type3_yupper=&fval_type3_cd=&page=&kid=&segment_id=066-03&tyousati_id=&henni_kizyun_id=&henni_id=&bunken_id=&check_point=0&referer_point=

<補足>
どうしても地震が怖い方は、
電気通信大学 早川 正士 名誉教授が地震予知サービスを提供されています。
インフォメーションシステムズ
株式会社.

個人向けサービス 月210

http://www.informationsystems.jp/

試しに一度ご利用ください
その後の報告です。クリックください。
posted by uutan at 13:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

1月28日は前震か?(まとめ)東海 東南海 南海地震を警戒する

このブログを書くのは、よりたくさんの方にリスクマネジメントをしたもらうためです。
恐れるのではなく、備えることが必要なタイミングが来ています。
未来予知はできないのです。
詳しくはhttp://itounannkairendou.seesaa.net/?1327807783


人間は見たいものしか見ない生き物かもしれません。
自分の核心をより確実にする作業を繰り返し、意固地になっていきます。
それを防ぐには、自分の思考にはまらないことです。
事実だけを羅列し、あとは動物的感覚で判断します。

現在までに集めてきた事実
@北海道大学 森谷武男先生のFM波観測での異常、M9地震の可能性があること。http://uutanokayama.seesaa.net/article/238102347.html


Aこの年末年始、関東近隣に大型のクジラが迷い込んでいる事実・・・海底に無数のひび割れ?http://uutanokayama.seesaa.net/article/248083260.html
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/23/9286/

B特殊能力を持つみゆ吉さんの耳に爆音が鳴っている事実
http://ameblo.jp/miyukichikun/

C筑波大 八木勇治先生の茨城沖のひずみエネルギー蓄積の可能性http://mainichi.jp/select/science/news/20120129k0000m040071000c.html

D防災科学研究所の房総沖スロー地震の間隔が狭まった観測結果
http://www.bosai.go.jp/press/2011/pdf/20111031_01.pdf

E元琉球大学 木村政昭先生の1707年以来の富士山噴火前の兆
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48067723.html
http://uutanokayama.seesaa.net/article/248923251.html

F房総沖〜三河沖の磁気コンパスの異常(5月〜11月まで)(30°〜180°)
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/08/24/6437/
http://uutanokayama.seesaa.net/article/248083260.html

以上の事実を踏まえ、動物的感覚で感じてみてください。
どうしてもできない方は、犬や猫を抱いてやり、
その体温や心音を感じながら動物的感覚を増強します。

申し訳ありませんが、これは未来予知ではありません。
もし外れれば万々歳です。何も起こらなかったわけですから喜んでいい訳です。
反対に、何か起こったら、予定行動をとり命を繋げます。
上策は、大地震が起こってもなくても喜べる体制作りで目標です。

私は生まれつき犬とともに過ごしたおかげで、動物的感覚を磨くことができました。
兆候を捉える感覚(微分的認知回路)が優れるあまり、生きにくい人生です。
一連のブログも感じるところがあり、書き出した次第です。

どうぞ、皆さんお一人でも多く助かることを願っています。
逃げ込める7階以上のマンションや
5階以上のビジネスビルを場面ごとにお決めください。
ご健闘祈っています。


<補足>

どうしても地震が怖い方は、
電気通信大学 早川 正士 名誉教授が地震予知サービスを提供されています。政府が否定する地震短期予測。みんなで地震国日本発の事業を応援しましょう。インフォメーションシステムズ株式会社. 個人向けサービス 月210

http://www.informationsystems.jp/

試しに一度ご利用ください。

 
posted by uutan at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。