2012年02月20日

2012年2月19日は前震か?2月22日は新月 千葉沖合警戒

ここまで緊張感が伝わります。
首都圏の方は、毎日の揺れに肝を冷やしてられることでしょう。
http://uutanokayama.seesaa.net/article/249156387.html
で申し上げたように数多くの前兆が続いています。

<前震か、22日は新月、 3月8日満月まで警戒必要!>カバラ数秘術というモノがあります。
ユダヤに伝わる数の秘密です。
”1”は、男性原理の象徴、男根の象徴です。
2011年3月11日には、11が2度もでてきます。
11は"広くメッセージを伝える" を意味しています。
イレブンと言えば、サッカーです。世界的スポーツになるには理由がありました。
元日から数えると70日目。7+0=7
2+0+1+1+3+1+1=7
”7”は一つの周期が終わる完成・調和の象徴です。
そして、日本の自立を表します。
2月19日、千葉北部を震源とするM5.1の地震がありました。
この辺りは、3月11日東日本大震災以来400回以上の余震がありました。
2月22日は新月です。
地球は月との引力で伸縮していて、その極みが満月と新月です。
http://j-jis.com/yochi/sun.html
独立行政法人防災科学技術研究所 プレス発表資料
ひずみがたまった巨大地震発生直前に限り、地球潮汐による微小な力が地震発生の「最後の一押し」として作用することを示しています。”
とされています。
今こそ、微分的認知を最大にして感じてみてください。

・身体の違和感や本能(耳鳴り、異常な夢)
・回りの動植物の異常、
・電化製品の異常(テレビのジャミング)
・地震雲、大地のプラズマ発光
・自分ではわからない方は、地震予知掲示板http://jisbbs.com/

多くの方がアンテナを張り何とか事前に知ることです。
それが被害を小さくします。

<直前予知はできる!上田誠也東大名誉教授>
上田誠也 東京大学地震研究所名誉教授 は退官後地震予知に邁進なさってます。
病身を押し、世界各地の研究者と情報交換されています。
日本もまだまだ捨てたもんではありません。
残念なのは、官・学 は”地震予知はできない”と断言し、予算もつかない現状です。
上田誠也先生でさえ、予算が取れないんだそうです。
我々下々は、官に抗議する必要があります。

上田誠也先生は、短期地震予知はできると言われます。
当日の資料です。http://www.japan-acad.go.jp/pdf/news/2008/uyeda48.pdf
その中に上田先生注目のギリシャのVAN法があります。
地面に電極を刺し、地電流の変化を計測するような方法です。
全く違う地震学もどうぞ。石田理論です。詳しくは、http://www.ailab7.com/kaisetuban.html

<福島第一原発直下地震の誘発>
最も重大な懸念は、福島第一原発4号機です。
双葉断層の活発化が判明し、かつ大量の水を流し込み、行方は分かっていません。
間欠泉のように大きな直下型余震があっても不思議ではありません。
http://uutanokayama.seesaa.net/article/252654444.html
以前申し上げたように地熱発電所やガス田への地下注水は誘発地震を起こします。
欧米では当たり前のことが日本では無視されています。
中越地震の計測から4000ガル以上の可能性はあります。

一方、東北大学趙大鵬教授らは原発から数kmの双葉断層の活発化と原発直下地震を警告しています。
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/9456/
http://www.j-cast.com/tv/2012/02/16122346.html
論文(英語)http://www.solid-earth.net/3/43/2012/se-3-43-2012-supplement.pdf

米国ガンダーセン博士の11年5月13日のビデオです。
福島原発の見解です。http://www.youtube.com/watch?v=fCJjgm-8m3o
カナダの物理学者ゴードン・エドワース博士の4号機の見解です。
http://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

すでに傾いている4号機ですが、倒壊した場合、
チェルノブイリ以上の被害を招きます。
海外の方が厳しい意見が多いです。
http://akiomatsumura.com/2012/02/letter-from-spent-fuel-pools-expert-robert-alvarez.html 米政府関係者で使用済み核燃料専門家のボブ・アルバレス氏の意見です。
重大な懸念を抱き、最悪の場合、米国西海岸までプルトニウム汚染が広がることを示唆しています。
大量の核燃料棒がゴロゴロする事態は人類史上初です。

その際は、福島、茨木、宮城、栃木は母子だけ退避
首都機能も一時停止ないし退避という前代未聞の異常事態も覚悟せねばなりません。
官邸の想定した最悪の事態となります。
それでも50代以上は居残って大丈夫です。
なんら問題ありません。

<40代以下は冷静に逃げる段取りをする危機管理>
私は危機をあおっているわけではありません。
可能性を論議し、備えが必要だと申し上ています。
つまり、逃げる段取りを今からお考え下さい。
速やかに行動するための想定が大切です。

放射能に対し弱いのは未来を担う子どもです
50代以上は発がん率が少々上がるだけで問題ありません
福島に残留されても結構かと思います。
未来を担う子どもと母親を逃がさなければなりません。
(残念ながら、物理的に全員は助からないのです。)

<生き方を探ってください>
放射能で死ぬか、自動車事故で死ぬか、ウィルスで死ぬかそんなことは分からないのです。
私のお願いは死に方を探らないで欲しいのです。
生き残り方を探てほしいのです。
それが危機管理の前提です。

どうか皆さん、心を強くし、そして祈って下さい。
信仰があろうと無かろうと。

どうか多くの苦しみを与えないでください。
どうか、子々孫々が安心して暮らせますように。

<補足>
どうしても地震が怖い方は、
電気通信大学 早川 正士 名誉教授が地震予知サービスを提供されています。
インフォメーションシステムズ
株式会社.

個人向けサービス 月210

http://www.informationsystems.jp/

試しに一度ご利用ください。

<カバラ数秘学からみたら>

2012年2月22日は2がとてもたくさん現れます。
”2”は女性器を表し、女性原理の象徴です。
また相反する2極が生じることを表しています。
”22”はスケールの大きな数字であり、”宇宙の理””大いなる霊性””完全な成就”を意味します。
これが、原子力事故の完結&成就を意味しないことを願っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2+0+1+2+2+2+2=11=2
”11”は神聖な数字で革命・革新の数字です。
元日から数えて53日目。5+3=8
”8”は増幅や拡大、比類ないパワーと情熱の数字です。

どうか皆さんの無事を願っています
posted by uutan at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253246742

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。