2012年02月17日

未踏の地はハルマゲドンを招く 南極の氷底湖「ヴォストーク湖」

本当に困ったことばかりです。
未踏の地へ行く = 未知のウィルス = ハルマゲドン
2000万年ぶりに出会う人類と未踏の地ヴォストーク湖。そこには病原菌や病原ウィルスはいるでしょうか?
http://japanese.ruvr.ru/2012/02/06/65427260.html以下引用・・・・・・・・・・・

南極観測基地「ヴォストーク」(ひがし)のロシアの学者たちは、20年のボーリング作業を経て、氷底湖「ヴォストーク湖」が横たわる深さ約3キロの氷と水の境界まで、残り数メートルにまで近づいた。

 「ヴォストーク湖」は2000万年にわたって厚い氷の下に存在しており、湖では生命が未知の方法で進化している可能性がある。 学者たちは、この大きな湖では水温が摂氏2度以上に上がることはなく、未知の微生物が発見される可能性があると考えている。南極の冬が近づいていることにより、ロシアのボーリング作業員らには、1週間しか残されていない。 「ヴォストーク湖」で微生物あるいは多細胞生物が発見された場合には、学者らが有機体について理解する可能性が大きく拡大される。 木製と土星の惑星にも、生命体が発生するための似たような環境が存在している。例えば木星の衛星「エウロパ」は、厚さ約100キロの氷の層で覆われているが、潮汐力(ちょうせきりょく)によって温められている液体の水の核がある。 サンデー・タイムズ 
以上引用終わり・・・・・・・・・・・・・
インディアンと同じ運命にならない保証はあるでしょうか?

<人類の歴史には人口急減の前例 ネイティブ・インディアン>
歴史を紐解くとこんなことがありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3

ヨーロッパが新大陸アメリカに上陸し、ヨーロッパから風土病が持ち込まれました。

欧州の風土病に免疫が無かった新大陸の人たちの末路です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ネイティブ・インディアン :150~1000万人  35万人(1890年ウンデッド・ニーの虐殺 当時)
インカ帝国         : 1000万人  約108万人
アステカ帝国       :1100万人  約100万人(1600年当時)
極端な人口減少です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人類が、アメリカ大陸に渡ったのは、およそ2万年前だと言われています。
http://books.google.co.jp/books?id=WAsKm-_zu5sC&lpg=PP1&dq=The+Journey+of+Man&pg=PA138&redir_esc=y#v=onepage&q&f=true
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%96%E3%82%B9%E6%9C%9F
ヴォストーク湖をヨーロッパ、インディアンを人類と見立てます。
インディアン同様、人類には人口急減のリスクが付きまといます。
歴史は繰り返すんでしょうか。
例えばエイズウィルスの潜伏期間は10年以上です。
感染はいつわかるんでしょうか?

<ウィルスと生物の飽くなき抗争>
この地球には、大きく三つが存在します。
1.DNAを遺伝子にする生物 
2.DNARNAを遺伝子とするウィルス、生物でもあり物質でもあります。
3.いまだ遺伝子を発見できない無生物、岩石や鉱物等

我々生物の永遠のライバル、それがウィルスです。
我々生物を悩ますは、ウィルスの仕業とも言えます。
癌と紙一重のIPS細胞もしかりです

実例・・・・・・・・エボラ&エイズ、ラッサ・・・・
エボラウィルス.bmpエイズウィルス.jpgラッサウィルス.jpg
エボラ出血熱ウィルスやエイズウィルスはアフリカの奥地の風土病だと言われます。
人類未踏の奥地では、未知のウィルスと出会う確率が高いです。
身体に潜む時間は数日から10年近くまで。
ウィルス感染は、すぐには分からないのです

そんなことはおととい承知だ、とロシアの科学者は言うでしょう。
しかし本当でしょうか?

<多産と文明崩壊>
ダーウィニズムを説明するページですhttp://homepage3.nifty.com/sparrows/sp.html
20世紀から21世紀、人類はダーウィニズムという夢を見ました。
何もかも進化するとは暴論です。進化は幻かもしれません。

ところで類人猿には珍しく人類は多産です。
チンパンジーの場合5年に1人産みます。
人類は毎年産み、度々、制御不可能な人口の急膨張を招きました。
有史以来、繰り返された文明の崩壊は多くの巨大遺跡を残しました。
文明の崩壊は人口爆発が原因です。
現代文明もいずれ例外なく崩壊し、遺跡になります。
これが人類の繰り返した歴史です。

<コントロール願望という寄生虫は人を操作して・・・>
奇妙な生物の紹介です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらにカタツムリに寄生するレウコクロリディウム。
この動画はいただけません。http://www.youtube.com/watch?v=Olx2xK08qXQ
カタツムリを操作して鳥に食べてもらいます。
そして鳥の腸でぬくぬくと成長し数を増やします。
糞として地上に落ち、カタツムリが来るまで待つという寄生虫です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 地球にとって、人類は増え過ぎた虫です。
故に、滅びの呪文でもかけられたかのように、人類は狂気の行動に走っているのでしょうか?
思考に寄生虫でも憑いてしまったのでしょうか?
地球が送り込む寄生虫は実体があるとは限りません。 

例えば、ヨーロッパ人に特有のコントロール願望 はとても強い願望です。
地形を変えてダムや港を作り、
果ては自分の思考や思い出を心理学で操作し、
遺伝子操作しています。

しかし、その結果、黒海やアメリカ沿岸ははもはや死の海です。
http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=oceanic-dead-zones-spread

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=43129087&expand
なんでも思い通りなんて驕りではないでしょうか。
地球が送り込んだ寄生虫(思考というソフトの形)かもしれません。
人類に知恵がついたとはとても思えません。
今、我々人類の存続には赤信号が点滅しています。
未知のウィルスとは遭遇します。
ハルマゲドンを望んでいる人たちがいるようです。

<人の死亡率は100%>
しかし、気休めもあります。
人はいずれ必ず死にます。
どのように死ぬかを悩んでも仕方ありません。
命を次世代にどう繋ぐのか、これが大問題です。
私は、1%でいいから次世代に生存してもらいたいです。

ただ今、私たちにできることは祈ることです。
信仰をお持ちか否かは問いません。
ただ、祈ってください
どうか、大きな苦しみを与えないでください。分をわきまえた生活をさせてください。
子々孫々が安心して暮らせますように。

<ハルマゲドンを支える人たち>
ハルマゲドンを支える人たちは、欧米側にもイスラム側にもいます。

イランのアハマディネジャド大統領は
1953年結成の秘密結社ホッジャテイエhttp://en.wikipedia.org/wiki/Hojjatieh
の一員と言われています。
この結社は、イスラム教の救世主「マフディ」の再来を誘発するような社会的混乱への参加を旨としているようです。

一方、欧米側では、アメリカのキリスト教原理主義(キリスト教右派)です。
米国民の15~18%、共和党党員の33%と言われています。
http://tanakanews.com/e0721secondcoming.htm
多勢に無勢なのでしょうか。
どうかその日まで、目を覚ましていたいと思います。
posted by uutan at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。