2012年02月08日

2012年2月、日本近海の地震? 世界の地震? プレートは動く

地震について不安をあおる記事を報道機関がいろいろ出しています。
なるべく事実に基づき行動したいものです。
起こっても、起こらなくてもよかったよかったとなるよう、危機管理をするのが正しい備え方ではないでしょうか。
いよいよ満月となりました。
下弦の月 2月15日ぐらいまでは地震の確率が高く警戒が必要です。
この1ヶ月の地震頻度図です。(防災科学技術研究所データを加工)

1月日本広域地震マップ加工済.png
大雑把に4つのプレートが日本でぶつかっています。
太平洋、フィリピン海プレートは日本へ押し寄せ、地中に潜り込んでいます。

北米プレート上に東日本大震災の震源域があります。
その南西への延長線上が怪しい一帯です。
フィリピン海プレート&北米プレート&太平洋プレートと関連します。

ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境目に、南海、東南海、東海地震の予想震源域が広がります。
ユーラシアとフィリピン海、北米プレートの3つが交わるところに富士山があります。

注目点1:
東日本大震災震源域の南西の端、千葉県東方沖は震災後から無数の地震が起こっています。
日時場所規模最大震度
2012年2月8日 11時54分 ごろ千葉県東方沖3.11
2012年2月7日 4時19分 ごろ千葉県東方沖3.82
2012年2月5日 9時38分 ごろ千葉県東方沖4.12
2012年2月2日 19時34分 ごろ千葉県東方沖3.31
2012年1月27日 14時27分 ごろ千葉県東方沖4.42
2012年1月27日 13時19分 ごろ千葉県東方沖5.13
2012年1月26日 12時34分 ごろ千葉県東方沖3.11
2012年1月25日 5時19分 ごろ千葉県東方沖3.31
2012年1月23日 18時18分 ごろ千葉県東方沖3.91
2012年1月22日 12時11分 ごろ千葉県東方沖42
2012年1月22日 12時09分 ごろ千葉県東方沖4.62
2012年1月19日 22時09分 ごろ千葉県東方沖4.53
2012年1月19日 21時23分 ごろ千葉県東方沖42
2012年1月19日 12時33分 ごろ千葉県東方沖3.31
2012年1月18日 3時53分 ごろ千葉県東方沖3.41
2012年1月18日 1時21分 ごろ千葉県東方沖3.31
2012年1月16日 20時50分 ごろ千葉県東方沖3.71
2012年1月16日 15時29分 ごろ千葉県東方沖4.22
2012年1月16日 15時21分 ごろ千葉県東方沖4.11
2012年1月16日 4時47分 ごろ千葉県東方沖3.21
2012年1月15日 16時15分 ごろ千葉県東方沖3.21
2012年1月12日 18時30分 ごろ千葉県東方沖3.41
2012年1月11日 4時25分 ごろ千葉県東方沖3.41
2012年1月9日 13時41分 ごろ千葉県東方沖3.62
2012年1月9日 13時29分 ごろ千葉県東方沖3.11
2012年1月8日 8時52分 ごろ千葉県東方沖42
2012年1月6日 8時05分 ごろ千葉県東方沖3.51
2012年1月4日 6時33分 ごろ千葉県東方沖3.41
2012年1月1日 16時32分 ごろ千葉県東方沖3.82
2012年1月1日 10時26分 ごろ千葉県東方沖3.11


注目点2:
房総半島沖合い、東京近くの小さい地震が頻発し始めています。

日時場所規模震度
2012年1月16日 17時46分 ごろ千葉県南東沖3.41
2012年2月7日 22時38分 ごろ千葉県北西部4.22
2012年1月18日 10時25分 ごろ千葉県北西部42
2012年1月18日 6時08分 ごろ千葉県北西部3.61
2012年1月15日 9時43分 ごろ千葉県北西部3.52
 
2012年1月9日 1時52分 ごろ千葉県北東部3.93
2012年1月1日 14時49分 ごろ千葉県南部3.61
 
2012年2月5日 9時11分 ごろ茨城県南部3.21
2012年2月4日 19時21分 ごろ茨城県南部3.92
2012年2月1日 13時59分 ごろ茨城県南部3.11
2012年1月22日 10時20分 ごろ茨城県南部4.13
2012年1月17日 12時30分 ごろ茨城県南部4.73
2012年1月14日 21時52分 ごろ茨城県南部3.11
2012年1月3日 8時07分 ごろ茨城県南部3.51
   
2012年2月7日 8時10分 ごろ東京都多摩東部42
2012年2月1日 17時22分 ごろ東京都多摩東部2.31


注目点3:
3つのプレート、北米、ユーラシア、フィリピン海プレートの交わりが富士山です。
富士山で浅い地震が頻発し始めています。
日時場所規模最大震度
2012年2月5日 8時26分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年2月3日 10時57分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.41
2012年1月31日 2時29分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年1月29日 20時39分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.61
2012年1月29日 18時38分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.92
2012年1月29日 18時26分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.31
2012年1月29日 17時41分 ごろ山梨県東部・富士五湖3.22
2012年1月29日 17時39分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.81
2012年1月29日 16時46分 ごろ山梨県東部・富士五湖4.74
2012年1月29日 15時16分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.91
2012年1月29日 0時19分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.21
2012年1月28日 23時58分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.91
2012年1月28日 15時05分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.61
2012年1月28日 13時19分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年1月28日 12時45分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年1月28日 10時58分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.61
2012年1月28日 8時07分 ごろ山梨県東部・富士五湖3.31
2012年1月28日 8時04分 ごろ山梨県東部・富士五湖4.13
2012年1月28日 7時48分 ごろ山梨県東部・富士五湖2.71
2012年1月28日 7時46分 ごろ山梨県東部・富士五湖4.13
2012年1月28日 7時43分 ごろ山梨県東部・富士五湖5.55弱
2012年1月28日 7時39分 ごろ山梨県東部・富士五湖54


3つのうち、どれかが着火すると
東海、東南海、南海地震と連動して4連動もありえます。

YOUTUBEのStoryMonoroch氏の
東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図(2011/10/15)
http://www.youtube.com/watch?v=QGH08OyQXg4&feature=autoshare

日本だけを見ていても仕方がないので、太平洋西部を見てみると
YOUTUBEのStoryMonoroch氏の
2011年の世界の地震 分布図 World earthquakes 2011 Visualization map (2012-01-01)
http://www.youtube.com/watch?v=cwWn_W6ZbT4&feature=mfu_in_order&list=UL
これを何度も見ていると日本の地震の前に、フィリピン、インドネシアで何かしら動きがあることに気がつきます。

世界の地震が見れるサイトhttp://www.iris.edu/dms/seismon.htm

フィリピン海プレートがきしんでいます。
2012年2月6日フィリピン ネグロス島沖の地震は大きかったです。
少し日本も警戒モードになるのがお分かりいただけると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下目立った記事です。

琵琶湖北側湖底で広範な謎の熱水噴出、20年来で初めて見た研究員
http://www.spotlight-news.net/news_f8D1tt0beQ.html
琵琶湖は断層で出来た湖です。深いところで水深100m以上。
私は滋賀県出身ですが、地学の先生が30年前から地震が近いと言い続けていました。
1662年以来、いよいよかもしれません。
福井原発銀座は土地の隆起数mで大被害かもしれません。

相次ぐ直下型地震…「M7」首都直下の前兆なのか専門家に聞いた
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120208/dms1202081127009-n1.htm
関東直下の綾瀬川断層。
高崎から東京直下まで120kmに及ぶ長大な断層がありそうだということ。
それは中央構造線(日本最大の断層)につながっていること。
数万年単位で2回の大きな活動があり、一回に動いた高さは鉛直方向で4m。
現在、この断層の存在は全く考慮されず過小評価していますが、この記事ではふれていません。
綾瀬川断層とはこちら
http://riodb02.ibase.aist.go.jp/activefault/cgi-bin/segment_param.cgi?SearchTYPE=&fval_zichitai=&fval_type1=&fval_type2=&fval_type3=&fval_type2_opt1=&fval_type2_opt2=&fval_type3_name=&fval_type3_yunder=&fval_type3_yupper=&fval_type3_cd=&page=&kid=&segment_id=066-03&tyousati_id=&henni_kizyun_id=&henni_id=&bunken_id=&check_point=0&referer_point=

<補足>
どうしても地震が怖い方は、
電気通信大学 早川 正士 名誉教授が地震予知サービスを提供されています。
インフォメーションシステムズ
株式会社.

個人向けサービス 月210

http://www.informationsystems.jp/

試しに一度ご利用ください
2月3日、硫黄島南50kmに位置する岡之場で海底火山噴火しました。

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/volcano/331/20100203174000.html
以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・
火山名 福徳岡ノ場 火山の状況に関する解説情報 1
平成22231740 気象庁地震火山
**(本 文)*
<噴火警報(周辺海域警戒)が継続

1.火山活動の状

 第三管区海上保安本部によると、硫黄島から南約50kmの海域にある
徳岡ノ場で海底噴火が発生した模様です
 本日(23日)1420分頃、福徳岡ノ場の海面から灰色の噴煙が
がっているのが確認されました。同海域付近に黄褐色の変色水と浮遊物も
認されました

以上引用・・・・・・・・・・・・・・・・


岡之場の場所です。http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/331_Fukutoku-Oka-no-Ba/331_index.html
posted by uutan at 13:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここではあなたが物語の主人公です。あなた視点で物語は進行していきます。実際に体験してもらうんです!
Posted by どきんちゃんメール at 2012年02月17日 06:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251193670

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。