2012年01月29日

1月28日は前震か?(まとめ)東海 東南海 南海地震を警戒する

このブログを書くのは、よりたくさんの方にリスクマネジメントをしたもらうためです。
恐れるのではなく、備えることが必要なタイミングが来ています。
未来予知はできないのです。
詳しくはhttp://itounannkairendou.seesaa.net/?1327807783


人間は見たいものしか見ない生き物かもしれません。
自分の核心をより確実にする作業を繰り返し、意固地になっていきます。
それを防ぐには、自分の思考にはまらないことです。
事実だけを羅列し、あとは動物的感覚で判断します。

現在までに集めてきた事実
@北海道大学 森谷武男先生のFM波観測での異常、M9地震の可能性があること。http://uutanokayama.seesaa.net/article/238102347.html


Aこの年末年始、関東近隣に大型のクジラが迷い込んでいる事実・・・海底に無数のひび割れ?http://uutanokayama.seesaa.net/article/248083260.html
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/23/9286/

B特殊能力を持つみゆ吉さんの耳に爆音が鳴っている事実
http://ameblo.jp/miyukichikun/

C筑波大 八木勇治先生の茨城沖のひずみエネルギー蓄積の可能性http://mainichi.jp/select/science/news/20120129k0000m040071000c.html

D防災科学研究所の房総沖スロー地震の間隔が狭まった観測結果
http://www.bosai.go.jp/press/2011/pdf/20111031_01.pdf

E元琉球大学 木村政昭先生の1707年以来の富士山噴火前の兆
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48067723.html
http://uutanokayama.seesaa.net/article/248923251.html

F房総沖〜三河沖の磁気コンパスの異常(5月〜11月まで)(30°〜180°)
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/08/24/6437/
http://uutanokayama.seesaa.net/article/248083260.html

以上の事実を踏まえ、動物的感覚で感じてみてください。
どうしてもできない方は、犬や猫を抱いてやり、
その体温や心音を感じながら動物的感覚を増強します。

申し訳ありませんが、これは未来予知ではありません。
もし外れれば万々歳です。何も起こらなかったわけですから喜んでいい訳です。
反対に、何か起こったら、予定行動をとり命を繋げます。
上策は、大地震が起こってもなくても喜べる体制作りで目標です。

私は生まれつき犬とともに過ごしたおかげで、動物的感覚を磨くことができました。
兆候を捉える感覚(微分的認知回路)が優れるあまり、生きにくい人生です。
一連のブログも感じるところがあり、書き出した次第です。

どうぞ、皆さんお一人でも多く助かることを願っています。
逃げ込める7階以上のマンションや
5階以上のビジネスビルを場面ごとにお決めください。
ご健闘祈っています。


<補足>

どうしても地震が怖い方は、
電気通信大学 早川 正士 名誉教授が地震予知サービスを提供されています。政府が否定する地震短期予測。みんなで地震国日本発の事業を応援しましょう。インフォメーションシステムズ株式会社. 個人向けサービス 月210

http://www.informationsystems.jp/

試しに一度ご利用ください。

 
posted by uutan at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。