2011年10月20日

2016年ないし17年には致死的パンデミックが起きえる 2016年ないし17年には致死的パンデミックが起きえる

 英国のDaily Mailが2011年10月15日のウエブで、米国映画、スティーブン・ソーダーバーグ監督のContagion(伝染病)を取り上げ、そのあらずじと、著名なウイルス学者のコメント等を掲載している。

英国デイリーメール記事
http://www.dailymail.co.uk/home/moslive/article-2048223/Contagion-film-scientists-handle-global-flu-pandemic.html
 
*******************以下転載内容*********************************
引用元http://panflu.world.coocan.jp/jyouhou/BIRDFLU/diary/index1.html
引用元

その中でロンドン大学の世界的ウイルス学者であるジョン・オックスフォード教授のコメントとして以下の様な記載が見られる。
 ”世界的な致死的パンデミックが起きえるかと尋ねられたら、もちろん起きえると答える、ただいつそれが起きるか分からないだけだ。地質学者が致死的火山爆発が起きえるかと尋ねられた場合、彼らは起きえると答えるのと同じである。”
” 自分(ジョン・オックスフォード教授)は2016年または2017年には起きえると思っている。”
”それに対して十分な対策を講じる必要がある。”

 ”現在タミフルとリレンザの備蓄が行われているが、さらに多くの新規薬剤が開発されている。2016年までにはそれらのうちのいくつかが実用化される。”
 ”しかし最も重要な対策は、人々に衛生管理の教育をすることである。”
 
 ”英国では半数以上の人々が手洗いをすることがないことを頭にとどめ、あなたの隣に座る人にも十分気を付ける必要がある。”

 Daily Mailの解説では、致死的パンデミック(H5N1が最も可能性ある)が英国に入ってきた場合、10週間で75万人が死亡とされている。

 ジョン・オクスフォード教授はインフルエンザに関して英国でもリーダー的専門家であり、世界的にも有名である。
 2016または2017年には致死的パンデミックが発生するだろうとの推測が語られているが、それは明確な根拠があるわけではない。
 正しい答えとしては、起きるが、いつ起きるか分からない、今日かも、または5年後かも知れない、という表現が正しいと思う。
 世界は豚インフルエンザ由来のH1N1の軽症パンデミックで、真のパンデミックに対する備えを停滞させてしまった。

 オックスフォード大学の医師で16年間ベトナムのハノイで研究を続けてきているファーラー医師は鳥インフルエンザに関して次の様に語っている。
 ”H5N1)鳥インフルエンザは未だ東南アジアの家きんの間で、さらに世界の野鳥の間で感染を続けている。もしそれが変異し、または他のウイルスと遺伝子組み換えを起こすことで人への感染力が増したなら、それは非常に厄介な感染症を引き起こすことになる。H5N1ウイルスは豚インフルエンザのパンデミックの影響で、現在監視網から消え去ったように見えるが、鳥インフルエンザは未だウイルス変異により世界的問題を引き起こす能力を持っている”

 そうした世界に警鐘を鳴らす意味でも、この米国映画Contagion(伝染病)は意義があるというのが、米国CDC英国専門家の意見となる。
 内容的には医科学的に妥当な設定となっているというのが、CDC専門家の意見でもある。
 米国公開前にCDCで上映会が開かれたというくらいだ。

原文転載

How does the movie industry celebrate the start of the flu season? By releasing a film suggesting we're all about to die. The problem is, they might have a point

Scientists can't predict which type of flu will emerge, and don't completely understand why we have a flu season at all

Scientists can't predict which type of flu will emerge, and don't completely understand why we have a flu season at all

The elegant American executive is playing dice in a bustling Macau casino. She tosses back her long blonde hair and jokes with the locals, who show her where to place her chips. The atmosphere is one of exotic glamour, but tonight there’s a killer in the room.

A new life form, born in the bloodstreams of diseased jungle animals, is being passed through the crowd by an unwitting human host. 

Unseen and silent, it moves from person to person, transmitted by the most casual of contacts: residue on a lift button, a drink from the wrong glass, the brush of a stranger’s hand. 

Soon the woman begins to experience symptoms akin to flu. Twenty-four hours after exposure to the virus she is reunited with her husband and son and promptly suffers a seizure; she drops to the kitchen floor to dance a silent jig. Her son watches terrified while his horrified father calls an ambulance. An hour later the woman lies dead on an emergency-room trolley. A day later her son joins her, killed by the embrace of his own mother. 

A post-mortem of the woman shows encephalitis, brain swelling, brought on by the virus. Shocked doctors immediately send samples to the CDC, the Centre for Disease Control in Atlanta. As they run tests, the number of victims grows – two becomes four, four becomes 16, 16 becomes hundreds, hundreds become thousands.

The virus spreads through coughs and sneezes, and jumps to the hands and mouths of the uninfected because the microbes cling to door handles and light switches. In a matter of days the contagion is spreading around the world. 

There is no cure. 

Within weeks scientists have identified the genetic make-up of the virus. Desperate work begins to formulate an anti-viral vaccine. Over the next six months hospitals resemble scenes from wartime; stadiums fill with the dead and society itself begins to break down.

Fear and misinformation are rampant. Mobs burgle houses in quarantined areas and fires burn untended. All the living can do is wait…

This hypothetical scenario is at the heart of the most unsettling film of the year: Contagion – a hyper-real disaster movie starring Gwyneth Paltrow as a ‘super spreader’ who brings a virus back to the U.S. that kills hundreds of thousands. Directed by Steven Soderbergh, the all-star cast also includes Jude Law, Matt Damon, Laurence Fishburne, Marion Cotillard and Kate Winslet. The film is being released at the start of the flu season. 

Contagion is the most unsettling film of the year - a hyper-real disaster movie about a virus brought into the U.S. that kills hundreds of thousands

Contagion is the most unsettling film of the year - a hyper-real disaster movie about a virus brought into the U.S. that kills hundreds of thousands

The premise of Contagion might seem alarmist, but the scientific world has praised the film’s accuracy. Virologists working for the production went as far as designing a new, biologically possible super-contagious pathogen, scientifically linked to the Coronavirus (strains of Coronavirus cause contagious respiratory viruses such as SARS and the common cold).  

As Soderbergh has claimed: ‘This film could do for elevator buttons and doorknobs what Jaws did for going to the beach.’

The chilling truth is that the events in the film are all scientifically plausible, even probable. Experts around the world are watching the world’s hospitals, as well as the planet’s animal populations, hoping to catch the next pathogen before it jumps across to human beings. But they are aware that a pandemic is inevitable.

Each year doctors battle a new subtype of influenza, thrown up by the biological lottery caused by mutating flu strains and even the last year’s immunisation programme.

The fact is that scientists can’t predict which type of flu will emerge, and don’t completely understand why we have a flu season at all. In the worst example to date, an outbreak of Spanish Flu in 1918 caused 50 million deaths, but common seasonal flu itself kills up to half a million people around the globe each year. 

‘Over the past ten to 20 years, the frequency with which we are seeing reports of emerging infectious diseases has increased dramatically,’ says W Ian Lipkin, an American professor of epidemiology, neurology and pathology, who advised on the film. 

‘Factors which have contributed to this include the movement of people into areas where they’re coming into contact with animals they didn’t previously see, and change in the climate that can redistribute biting insects, giving them the capacity to bring viruses into areas that are more temperate. In addition to people, we also have the movement of products all over the world.’

In London, Professor John Oxford, a world-renowned virologist, is more emphatic. 

Asked if he believes if a widespread and fatal pandemic is likely, he states: ‘I do. If you ask a geologist if he or she thinks a fatal volcanic eruption is going to come, the answer is going to be yes. If you ask me as an influenza virologist whether we are going to have another outbreak? 

'Well of course we are, it’s just that I don’t know when. It’s best to have a sign stuck in the sand, and my sign says, get yourself ready for 2016 or 2017.’


Directed by Steven Soderbergh, the all-star cast of Contagion includes Jude Law, Matt Damon, Gwyneth Paltrow, Laurence Fishburne, Marion Cotillard and Kate Winslet (pictured)

Near the main building at the Royal London Hospital, Whitechapel, a separate annexe is home to a brightly lit, immaculate quarantine unit. It’s here that Professor Oxford and his staff of 30 deliberately infect young, healthy volunteers with influenza. 

Test subjects can remain in this facility, owned by UK company Retroscreen, for up to two weeks in 20 modern white rooms, equipped with TVs and en suite bathrooms. People taking part in the studies are in the 18 to 45 age range, though tend to be mostly students and people travelling in their twenties and thirties; they are paid from £1,500 to £3,500 depending on the study.

When they arrive, patients lie on their beds and tilt back their heads while a doctor drips a solution laden with the virus into the nose. Every day, nurses (immunised and wearing protective masks) return to wash out their subjects’ noses, take temperatures and fill out diary cards. Even patients’ handkerchiefs are collected and weighed to monitor the strength of the virus.

All the data is scrutinised in Professor Oxford’s lab. For all the frenetic activity of microbes within it, this is a quiet and calm environment. Viruses are studied inside large safety cabinets so as not to risk infection. The key focus of his work is to study how the diseases spread through people. He and his team are important contributors to VIRGIL: the European Vigilance Network for Management of Antiviral Drug Resistance. 

‘What we see are the effects of the virus,’ he says. ‘We grow layers of human cells on plastic dishes, and add the virus. 

'Within three days the healthy cells will start curling up and you can quantify how much virus you have by how many destroyed cells there are on the plate. You can see the activity but not the viruses themselves.’ 

His doom-laden prediction for a pandemic so soon is chilling news, especially for those still quaking after exposure to Contagion – where our survival as a species rests on a small team of CDC scientists in America. In reality, however, we aren’t completely outgunned.

‘The fact is,’ says Professor Oxford, ‘there are probably 50,000 dedicated people around the world who are on the lookout for these new infections. That’s their entire job, and they bear a huge responsibility. We depend on these people to stay alert to new infections, to alert everyone else that something is happening.

‘Quietly working day and night, this network of virologists is constantly on the look-out for something unpleasant, and reacting and telling us about it so that the whole world can react. If there is an infection anywhere, pretty soon it can spread to the rest of the planet.’

Each year doctors battle a new subtype of influenza, thrown up by the biological lottery caused by mutating flu strains and even the last year's immunisation programme

Each year doctors battle a new subtype of influenza, thrown up by the biological lottery caused by mutating flu strains and even the last year's immunisation programme

One of the scientists at the vanguard of the fight is biologist Nathan Wolfe, head of Global Viral Forecasting (GVF), who was another adviser to Soderbergh. Wolfe and his staff are funded by bodies as diverse as the U.S. Department of Homeland Security and Google, and work in the dense jungle of West Africa. 

It is here in remote, poverty-stricken settlements that animal pathogens are most likely to make the jump to human beings. Wolfe says he uses these high-risk groups ‘like canaries in the coal mine’ because they are likely to be the first to be infected by any new strains of monkey pox, Aids or bird flu.

The main cause of the problem here is humans eating the meat of infected chimpanzees, the Ugandan equivalent of venison. Such bush meat is a major source of both nourishment and deadly infection. While human hunters sell chimp carcasses at market for $20 a throw, chimpanzees have also been known to grab children from the villages, kill and eat them – which can move human viruses back to the monkey population. 

Villagers will butcher chimps in the open. This provides microbes with the opportunity to jump back and forth between people and monkeys. Wolfe, author of new book The Viral Storm, describes this set-up as ‘the perfect recipe for pandemics’.

GVF has spread sample kits around West Africa in the hope that hunters and butchers will test themselves. The results, analysed in local laboratories, give Wolfe and GVF some idea of which strains are evolving. 

His own research has shown that primates (which make up just 0.5 per cent of the animals on the planet) actually seed 20 per cent of all infectious human viruses. Our shared heritage means that viruses that evolve in monkeys are a particular threat to us. 

‘As we move animals quickly and efficiently around the world, microbes that have never encountered each other until now will form new mosaic agents capable of spreading in ways that neither of their parents could manage. In short, we’ll experience a new wave of epidemics.’

In 2004, a re-emergence of bird flu in humans arrived in Hanoi and Ho Chi Minh city in Vietnam – which, happily, is where Oxford University’s Dr Jeremy Farrar has spent the past 16 years. 

‘Thankfully we’d got ourselves ready for SARS, which had been the year before,’ he says.

‘When we first saw the cases, we thought it was SARS again – the clinical picture looked very similar. It’s actually not possible to tell the difference at that stage. It wasn’t until we did tests in the lab that we could tell the virus causing the infection was a new type of influenza.’

The contagion that keeps most scientists awake at night is still a new variant of H5N1, otherwise known as bird flu

The contagion that keeps most scientists awake at night is still a new variant of H5N1, otherwise known as bird flu

Dr Farrar and his team soon established that while the influenza was ‘very nasty’, it didn’t carry the same ability to pass from one person to another that has seen SARS kill healthcare workers in Hong Kong, China and Vietnam and Toronto. 

While bird flu remains a sporadic infection, Dr Farrar, who runs the Vietnam Initiative For Zoonotic Infections, aims to understand how the viruses leap from animals to humans. Do they change in the animals then cross? Or do they cross to humans then cross back? It’s this constant viral chatter that must be understood. 

‘Bird flu is still circulating in poultry in south-east Asia and in wild birds. If it mutated, if it joined with another virus and acquired the ability to go from human to human then it could be a very nasty infection. It does seem to have gone off the radar at the moment because of swine flu, but bird flu still has the capacity to become a global problem if it were to change. ’

Watching the information gathered by scientists like Dr Farrar are a host of doctors, virologists and epidemiologists around the world. 

In Britain there are laboratories at most major universities, as well as those overseen by the Health Protection Agency (including Porton Down and the Centre for Infections at Colindale). 

Scientists from the UK also staff the European Centre for Disease Control (ECDC) in Stockholm. The ECDC conducts surveillance of various viruses that might threaten Europe. It provides early warnings and helps countries respond.

Dr Angus Nicoll, head of influenza co-ordination at the ECDC, is currently in Greece to advise southern European nations on the role of intensive care units in the response to a pandemic. One of the main dangers of the constantly evolving flu virus is that it mutates beyond the reach of existing vaccines. 

In other words, we are caught in a race against time to get information about these evolving viruses into laboratories so that virologists can continue to adapt our anti-viral response. 

‘That’s what we did in the (swine flu) pandemic,’ confirms Dr Nicoll. ‘We were very lucky because it affected the United States first and then the UK. Influenza viruses generally spread through Europe from west to east. We don’t really know why, but we use the fact. 

'Each season we look at the first outbreaks – commonly in countries like Portugal, Ireland and the UK, and quickly transmit those analyses to the countries likely to be infected later. The first outbreaks of the season are big news for us.’

If the virus turns out to have a mean streak, is there a castle wall we can build?

‘Well, the world is porous. Mother Nature is the biggest bio-terrorist around. The idea that you can shut out all viruses is a non-starter.

'There are some virus infections that you can contain by immunisation or by quarantine – the old example of that is smallpox – but when it comes to highly infectious diseases like influenza and measles, you don’t even know that a person has got it when they transmit it to you.’

The contagion that keeps most scientists awake at night is still a new variant of H5N1, otherwise known as bird flu. And what is the answer to the next deadly pandemic when it emerges?

According to Professor Oxford, it’s very simple. We need to be cleaner. 

‘We can build up the stockpile of (anti-virals) Tamiflu and Relenza. And there are quite a lot of new drugs in the pipeline. I think by 2016 we should have some of these ready. But one of the most important things we can do is to educate people about hygiene. ’ 

So as you head off to watch Contagion at the cinema, bear in mind that over half the population don’t wash their hands at all. Be careful who you sit next to. 

Just ten weeks to kill 750,000...

HOW A PANDEMIC COULD UNFOLD IN BRITAIN 

Week 1 

Patient Zero enters the UK. She infects her family, who in turn pass the disease on. As Patient Zero enters hospital, swabs taken from her nose and throat are sent to the Health Protection Agency’s (HPA) Colindale Centre for Infections. 

Week 2

1,000 hospital cases are reported. The HPA declares the bug to be a new strain of flu. A meeting of COBRA convenes. Schools are closed. Airports remain open. 

Week 5 

Supermarkets are shut, emptied by panic buying. Around the country, the toll of the sick and dying leads to a reduction in every kind of service. Public transport grinds to a halt. 

Week 7 

The pandemic reaches its peak, with 22 per cent of all the people infected hitting the hospitals. Most infected suffer and possibly die at home. Rubbish piles up by the side of roads. 

エレガントなアメリカの幹部は賑やかなマカオのカジノでサイコロを振る。彼女のチップを配置する場所を彼女を示す地元の人、とジョークをかわします。雰囲気は、エキゾチックな魅力の一つですが、今夜は部屋でキラーが待っています。

ジャングルの病気の動物の血に生まれた新しい生命体は、無意識のうちに宿主の人間で育ち、人ごみの中で多くの人に渡されています。 

目に見えない(静かに)、それは人との接点の中で移動:ボタンの指紋、ガラスに残る汗、見知らぬ人の手のブラシから飲みこんでしまう。 

すぐに女性がインフルエンザと似ている症状が始まります。ウイルスへの暴露24時間後、速やかに発作に苦しみ、彼女は台所の床に倒れます。救急車を呼ぶ間、彼女の息子の腕時計は恐れた。数時間後に女性が救急処置室で死んだ。数日後、彼女の息子は母親の抱擁によって殺された。(ウィルスが感染した)

死亡後の女性は脳の腫れ(脳炎)が、ウイルスによってもたらされたと示しています。ショックを受けた医師はすぐにCDC、アトランタの疾病管理センターにサンプルを送る。彼らはテストを実行するように、犠牲者の数が増加する - 二人は、4人、4人は16になるとなると16は何百になると、何百何千となる。

微生物は、ドアハンドルやライトのスイッチに付着するので、ウイルスは感染していない手と口に咳やくしゃみ、そしてジャンプを介して拡散します。数日のうちに感染は世界中に広がっている。

治療法はありません。 

1週間以内に科学者はウイルスの遺伝子を同定した。絶望的な作業は、抗ウイルスワクチンを策定することから始まります。次の半年間の病院は、戦時中のシーンに似て、分解し始める社会を描きます。

恐怖と誤報が横行しています。隔離された区域と火災。強盗がはいる家はほったらかし。元の生活に戻るまでにできることは待つことだけです...

- 数十万人を殺す米国に戻ってウイルスをもたらす"スーパースプレッダー"とグウィネスパルトロウ主演の超リアル災害映画マーダーロード:この架空のシナリオは、今年の最も不安にさせる映画の話題の中心です。スティーブンソダーバーグ監督、オールスターキャストでもジュードロウ、マットデイモン、ローレンスフィッシュバーン、マリオンコティとケイトウィンスレットが含まれています。フィルムは、インフルエンザシーズンの開始時にリリースされています。

感染は今年最も不安にさせる映画です - 数十万人を殺すウイルスについての超リアル災害映画

大量殺人の前提は、人騒がせなように見えるかもしれませんが、科学的な世界がこの映画の正確さを賞賛している。ウイルス学者は、これまで科学的にコロナウイルス(コロナウイルスの菌株は、SARSや風邪などの伝染性呼吸器系ウイルスを引き起こす)​​にリンクされた新しい、生物学的に可能な超伝染性病原体を、設計するようになった。  

ソダーバーグのように主張している:”ジョーズ”は、ビーチに行くためにやったこと、”この映画”はエレベーターのボタンやドアノブのためにやったこと。

冷静な真実は、映画の中で、科学的にもっともらしいことである。ウィルスが人間に越えてジャンプする前に、次の病原体を捕捉することを世界中の専門家は期待して、世界の病院だけでなく、地球上の動物の個体をウォッチしている。しかし、専門家たちは、パンデミックが不可避であることを認識しています。

毎年医師は昨年のインフルエンザ株に基ずく予防接種プログラムを変更を余儀なくされ、突然変異インフルエンザの新しいサブタイプと戦う。

事実は、科学者が出てくるインフルエンザのタイプを予測できないことであり、そして我々はすべてにインフルエンザのシーズンを持っているか完全に理解していない。これまでの最悪の例では、1918年のスペイン風邪の流行が50万人が死亡、しかし一般的な季節性インフルエンザの原因となった自体は毎年、世界中の50万人まで殺す。

"過去10〜20年間で、我々は新興感染症の報告を見ている頻度が劇的に増加している、"映画でお勧めWイアンリプキン、疫学、神経学、病理学のアメリカの教授は言う。 

この彼らは以前に見ていない動物と接触している区域への人の動きを含めて、痛烈な昆虫を再配布できます気候の変化、それらの領域にウイルスを持って来るために能力を与えることに貢献してきた"要因それは多くの温帯です。人々に加えて、我々はまた、世界中の製品の動きを持っている。"

ロンドンでは、ジョンオックスフォード教授、世界的に著名なウイルス学者は、より多くの強調です。 

彼は広く普及し、致命的なパンデミックの可能性がある場合と考えているかどうか尋ねられ、彼は述べています:"私は。彼または彼女は致命的な火山噴火が来ることを行っていると判断した場合に、地質学者に言わせれば、答えはイエスであることを行っています。あなたは私たちが別の流行を持っているとしているかどうかインフルエンザのウイルス学者として私に言わせれば?

"まあ我々がいる、もちろん、それはときに私にはわからないことばかりです。それは砂でスタックしている記号を持っていることが最善だ、と私の印が言うには、2016年または2017年のあなた自身が準備をする。"

スティーブンソダーバーグ監督、伝染病のオールスターキャストでは、ジュードロウ、マットデイモン、グウィネスパルトロウ、ローレンスフィッシュバーン、マリオンコティとケイトウィンスレット(写真)が含まれています

ロイヤルロンドン病院、ホワイトチャペル、少なくともメインの建物の近くに独立した別館には明るい、汚れのない隔離ユニットに家である。それはオックスフォード教授と30の彼のスタッフが意図的にインフルエンザと若い、健康なボランティアに感染することはここにあるのです。

被験者は、テレビと専用バスルームを装備した20のモダンな白い部屋で最大二週間、のために、英国会社レトロが所有する、この施設に残ることができる。研究に参加している人は18〜45歳の範囲内にある、しかし20代と30代で旅行主に学生や人々になる傾向が、彼らは調査に応じて£ 1,500から£ 3,500に支払われます。

彼らが到着すると、患者は彼らのベッドに横になると医者が鼻にウイルスを積んで解決策を滴りながら、頭をバックに傾けます。毎日、看護師は(免疫と防護マスクを着用)、その被験者の鼻を洗浄温度を取ると日記カードに記入して戻ります。であっても患者のハンカチは、ウイルスの強さを監視するために収集し、秤量する。

すべてのデータは、オックスフォード教授の研究室で精査されている。その中の微生物のすべての熱狂的な活動のために、これは静かで落ち着いた環境です。ウイルスはそのような感染のリスクにない大規模な安全キャビネットの内部に検討されている。彼の仕事の主要な焦点は、どのように人を介して広がる病気勉強することです。抗ウイルス薬耐性の管理のためのヨーロッパの警戒ネットワーク:彼と彼のチームはVIRGILに重要な貢献者である。

"私たちが見ても、ウイルスの効果である、"と彼は言う。"我々は、プラスチック製の皿にヒトの細胞の層を成長し、そしてウイルスを追加します。

"三日以内に健康な細胞は、最大カーリング開始されますと、あなたがどれだけ破壊された細胞がプレート上に存在しているどのくらいのウイルス定量化することができます。あなたは、ウイルス自身の活動を参照してくださいができない。"

彼の運命を積んだので、すぐにパンデミックの予測は、特にまだマーダーロードへの曝露後に震えているそれらのために、ぞっとするニュースです - 種としての生存は、アメリカのCDCの科学者の小さなチームにかかっている場所。しかし、現実には、我々は完全に負かされていません。

"事​​実は、"オックスフォード教授は、これらの新しい感染症に目を光らせている世界約5万献身的な人々がおそらくある"、述べています。ことは、彼らの全体の仕事だ、と彼らは巨大な責任を負っている。何かが起きていることを皆に警告するために、新たな感染症への警戒に我々は、これらの人々に依存する。

"静かに昼と夜の作業、ウイルス学者のこのネットワークは、不愉快な何かをルックアウトに常にであり、そして世界全体が反応できるように、それについての私達を反応させると言って。感染症はどこがある場合は、もうすぐそれは惑星の残りの部分に広がることができます。"

毎年医師はインフルエンザ株とさえ昨年の予防接種プログラムを突然変異によって引き起こされる生物学的な抽選によってスローされるインフルエンザの新しいサブタイプを、戦う

戦いの前衛の科学者の一つは、生物学者ネイサンウルフ、ソダーバーグに別の顧問だったグローバルウイルス予測(GVF)の頭です。ウルフと彼のスタッフは、米国国土安全保障省とGoogleの部、および西部アフリカの密林での作業など様々な機関によって資金を供給されています。

それは、動物の病原体が人間にジャンプさせる可能性が最も高いこと、リモート、貧困集落で、ここです。ウルフは、サル痘、エイズや鳥インフルエンザの任意の新型に感染して最初にする可能性が高いので、彼は"炭鉱のカナリアのように"これらのハイリスクグループを使用して語る。

ここでの問題の主な原因は、感染したチンパンジー、鹿肉のウガンダと同等の肉を食べる人間です。このような野生動物の肉は、栄養と致命的な感染の両方の主要な源である。人間のハンターが20ドルスローのために市場でのチンパンジーの死体を売る一方で、チンパンジーがまた村から子どもたちをつかむことが知られている、彼らを殺すと食べる - サルの集団に戻って人間のウイルスを移動することができます。

村人たちは、オープンで肉屋のチンパンジーなります。これは人とサルの間を行ったり来たりする機会を微生物を提供します。ウルフ、新しい本ウイルス嵐の著者は、"流行病のための完璧なレシピ"としてこのセットアップについて説明します。

GVFはハンターと肉屋が自分自身をテストすることを願って西アフリカの周りのサンプルキットを広げている。結果は、現地の研究室で分析し、ウルフとGVFの株は進化しているいくつかのアイデアを与える。

自身の研究では、すべての感染人間のウイルスの霊長類(地球上の動物のわずか0.5パーセントを構成している)、実際に種子の20%が示されている。私たちの共有遺産は、サルに進化のウイルスが私たちに特定の脅威であることを意味します。

我々は世界中で迅速かつ効率的に動物を移動すると"、今まではお互いに出会ったことがない微生物は、両親のどちらも管理できる方法で拡散することができる新しいモザイク剤を形成することになる。要するに、我々は流行の新しい波を経験するでしょう。"

2004年には、ヒトでの鳥インフルエンザの再出現は、ベトナムのハノイとホーチミン市に到着 - オックスフォード大学の博士ジェレミーファーラーは、過去16年間を費やしてきたところ、これ幸い、です。 

"ありがたいことに我々は前に年をしていたSARS、のための自分自身の準備ができてんだ、"​​と彼は言う。

"我々は最初の症例を見たとき、我々はそれが再びSARSだと思った - 臨床像は非常に似て見えた。それはその段階で違いを見分けるために、実際には不可能です。我々は感染症はインフルエンザの新しいタイプだった引き起こすウイルスに伝えられるという実験室でテストを行ったまでなかった。"

夜間に目を覚まし、ほとんどの科学者を保持している感染はまだ特に鳥インフルエンザとして知られるH5N1型の新しい亜種であり、

博士はファラーと彼のチームはすぐにインフルエンザが"非常に厄介な"だったが、それは一人からSARSが香港、中国、ベトナム、トロントで医療従事者を殺す見ていることを別に渡すことと同じ能力を運ぶしていないことを立証。 

鳥インフルエンザは、散発的な感染したまま、人獣共通感染症ではベトナムのイニシアティブを実行している博士ファーラーは、、どのように動物からヒトへのウイルスの飛躍を理解することを目指しています。彼らが交差し、動物に変更しますか?または彼らはその後、戻し交配の人間に横切るのですか?それが理解されなければならないこの定数のウイルスチャタリングです。

"鳥インフルエンザは依然として東南アジアで家禽や野鳥で循環している。それは別のウイルスと結合し、人間から人間へ移動する能力を取得した場合には、変異した場合、それは非常に厄介な感染症である可能性があります。それがために豚インフルエンザの瞬間にレーダーをオフに行っているように思えますが、それを変更した場合、鳥インフルエンザは依然として世界的な問題になるために能力を持っています。"

博士ファーラーのような科学者によって収集された情報を見て、世界中の医師、ウイルス学者および疫学者のホストです。 

英国で最も主要な大学の研究所だけでなく、健康保護局(PortonダウンとColindaleにおける感染症のためのセンターを含む)によって監督もいる。 

英国から科学者たちはまた、ストックホルムの疾病管理のための欧州センター(ECDC)のスタッフ。ECDCは、ヨーロッパを脅かす可能性のあるさまざまなウイルスの監視を行っています。それは、早期警報を提供し、国が応答するのに役立ちます。

博士アンガスニコル、インフルエンザECDCでの協調の頭は、パンデミックに対応して集中治療室の役割に南欧諸国を助言するギリシャで現在です。常に進化インフルエンザウイルスの主な危険性の一つは、既存のワクチンの手の届かないところに変異することです。

ウイルス学者は、私たちの抗ウイルス反応に適応し続けることができるように言い換えれば、我々は研究所にこれらの進化するウイルスに関する情報を取得するには時間との戦いに巻き込まれている。 

"それは我々が(豚インフルエンザ)パンデミックで行った何が、"博士ニコルが確認されます。それは米国の最初にして英国の影響を受けるので、"我々は非常にラッキーだった。インフルエンザウイルスは一般に西から​​東にヨーロッパを介して広がる。私たちは本当に理由がわからないが、我々は事実を使用してください。

ポルトガル、アイルランド、英国などの国々で一般的に、かつ迅速に後で感染している可能性の国々にこれらの分析を伝える - "それぞれの季節には、我々は最初の流行を見てください。シーズンの最初の流行は、私たちにとって大きなニュースです。"

ウイルスは、平均ストリークを持っていることが判明した場合、我々が構築することができます城壁はありますか?

"まあ、世界は多孔質である。母なる自然は最大のバイオテロリストの周りです。あなたがすべてのウイルスをシャットアウトできるという考えは、非スターターです。

天然痘であるの古い例 - - "あなたが予防接種によって、または隔離によって含むことのできるいくつかのウイルス感染症がありますが、インフルエンザや麻疹などの感染性の強い病気に来るとき、あなたも、ときに人はそれを持っていることを知らない彼らはあなたにそれを送信する。"

夜間に目を覚まし、ほとんどの科学者を保持している感染はまだ特に鳥インフルエンザとして知られるH5N1型の新しい変種です。そしてそれが出てくる次の致命的なパンデミックへの答えは何ですか?

オックスフォード教授によると、それは非常に簡単です。我々は、よりクリーンにする必要があります。

"我々はの備蓄(抗バイラル)タミフルとリレンザを構築することができます。とパイプラインの新薬の非常にたくさんあり​​ます。私は2016年までに我々はこれらの準備の一部を持ってすべきだと思う。しかし、我々が行うことができる最も重要なことの一つは、衛生についての人々を教育することです。"

だから、頭から人口の半分以上のすべてで手を洗っていないことを心に留めて、映画館での伝播を監視するように。あなたの隣に座る人は注意してください。

わずか10週間75万殺すために...

パンデミックは、英国で展開する方法 

第1週 

患者のゼロは、英国に入ります。彼女が順番に病気を渡す彼女の家族を、感染します。患者のゼロは、病院に入ると、彼女の鼻と喉から採取したスワブは感染のために健康保護庁(HPA)Colindaleセンターに送信されます。

2週目

千病院の症例が報告されています。HPAは、バグがインフルエンザの新しい株であることを宣言しています。COBRAの会合が開催しています。学校が閉鎖されています。空港は開いたまま。

第5週 

スーパーマーケットは、パニック買いが空に、シャットダウンされます。全国の、サービスのあらゆる種類の削減に病気や死んでリード線の通行料。公共交通機関が停止して磨く。

第7週 

パンデミックは、病院を打つ感染したすべての人々の22%で、そのピークに達する。ほとんどの感染が低下し、場合によっては自宅で死ぬ。道路側のゴミ山まで。

10週目 

第一波の感染が出燃えています。75万死者の多くは、大量埋葬地にロールバックされます。それらの治療を要するが、自宅から削除され、広大な検疫施設で開催されています。

3〜12ヶ月 

第二波のヒット。スペイン風邪の1918年流行では、この波は、最も壊滅的だった。合計では、パンデミックの死亡の90%を担当していました。



Read more: http://www.dailymail.co.uk/home/moslive/article-2048223/Contagion-film-scientists-handle-global-flu-pandemic.html#ixzz1bF2Bvhbw

Week 10 

The first-wave infection is burning out. Many of the 750,000 dead are rolled into mass graves. Those requiring treatment are removed from their homes and held in vast quarantine facilities. 

Three to 12 months 

The second wave hits. In the 1918 outbreak of Spanish Flu, this wave was the most devastating. In total it was responsible for 90 per cent of deaths in the pandemic.



Read more: http://www.dailymail.co.uk/home/moslive/article-2048223/Contagion-film-scientists-handle-global-flu-pandemic.html#ixzz1bEytzVEQ
posted by uutan at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パンデミックに備える? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。