2011年08月01日

Mr.サンデー

世界”高放射線”をめぐる旅をやっていた。
ガイガーカウンターで、世界中の高いカンマ線(γ線)の線量を測って回っていた。

正直言って無知な下々を馬鹿にしてる番組。
東京や東北で問題になっているのは
ベータ線(β線)、アルファ線(α線)を出す放射性物質。
それを体に取り込んでしまって、体細胞の間近から長期に放射線を浴びるとカンマよりはるかにダメージきい。

放射線には、3種類ある。
        電磁波と同じガンマ線(γ線)・・・テレビからも出ている ・・・たとえれば超高速で飛んでくる針
        粒子線のベータ線(β線)・・・電子や陽電子を飛ばす(とっても小さい粒子)・・・たとえれば飛んでくるソフトボール
        粒子線のアルファ線(α線)・・・ヘリウム原子核(相当大きい粒子)・・・たとえればゆっくり動く車
超高速な針は、体を貫通していくだろう。X線写真が撮れるわけだ。
飛んでくるソフトボールなら当たり所がわるいと死んでしまう。
ゆっくり動く車なら、止めることもできそうだけれど下手をすると押しつぶされる。

ガンマ線、ベータ線、アルファ線をごちゃ混ぜにして報道しているのは騙しだろう。
同じシーベルト数であっても、粒子線のベータ線、アルファ線はとびっきりダメージが大きい。
つまり、DNAが傷つき、発ガンしやすい。
DNAとはデオキシリボ核酸だけれども、炭素原子や水素原子、りん原子、酸素原子なんかがからできている。
放射性物質から飛んでくる電子やヘリウム原子で簡単に傷つく。
DNA修復速度が加齢により遅くなると、ガン化が避けられない。





posted by uutan at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217713101

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。