2009年07月26日

フランスは子育てタダ?

「シッコ」は、「華氏911」マイケル・ムーア監督作品。
健康保険制度とは?
イギリスで1948年に始まった医療費無料制度。
「資本家が言う、・・・
国民を支配するには2つの方法がある・・・
恐怖を与えることと意志をくじくこと
 」
ある政治家・・・
「”教育と健康と自信を持つ民衆は扱いにくい”と思っている人がいる。・・・
・・・教育と健康と自信は与えたくない。手に負えなくなる。」
「世界人口の1%が富の80%を独占している。・・・
・・・(大衆は)教育と健康と自信を砕かれているため、
命令を聞いて最善を祈るのが一番安全
と思い込んでいるんだ。
 」

「雇用者は借金漬けを喜ぶ。従順に働くから。
借金の返済に加え医療保険も必要だ。失業はとても恐ろしい。」
フランスのsosメドサン、40年前Mラスカル博士が設立。
1時間以内に配管サービス来れるなら、医者の往診もそうあるべきと・・・・

あるフランス女性:
「フランスに住む理由は子供を持つ家庭への待遇がいいからよ!
・・・保育園はただ同然よ。ケアの水準がとても高いの。」
「・・・保育1時間1ドル・・・」
「フランスの大学なら授業料はタダよ。」
「フランスには絶望感がない。・・・
・・・人生を謳歌している(フランス)」
「新婚休暇、引越し休暇が法律で義務付けよ!」
「娘が3ヶ月の時、育児を教えに人が来た。寝かせ方とか・・・洗濯もしてくれた。・・・お母さんが頼めば何でも!・・・週2日4時間ずつ来てくれる。・・・とても助かっている。・・・・」
「(フランス)政府は、国民からの抵抗や反応が怖いの!・・・
・・・米国では逆でしょ!国民が政府を怖れ・・・・」
「(フランスでは)医療費はタダ、大学教育もタダ。」

翻って米国。
診療費を払えない患者を路上に捨てる病院が後を絶たない。
困った人には惜しみなく善意を与えるフランス。
「食事を届けてるの、私は恵まれていたから。せめてもの恩返し・・・。」
「底辺に生きる者への対し方で、社会は知れる・・・。」
フランス人女性。

「困った人がいれば助けるのが人間よ。」
9.11救助ボランティア。(現在原因不明の喘息)

監督は「僕は気づいた。人は皆、同じ船の乗客だと!
どんな違いがあるにせよ、一緒に溺れるか泳ぐか、それが米国以外の国のようだ。」
「彼らは意見の違いを超えて助け合っている。」

「 ”私”ではなく、”私たち”を大切にする! 」
posted by uutan at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指すところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。