2012年12月08日

千年持続できる地域社会を目指して

名古屋大学准教授 高野雅夫 氏 が201210月末に岡山での講演録です。
以下 講演要約です。

福島から考える

事故前の飯館村、までいの村、美しい里山の村では出生率が2以上ありました。現在は、見た目は何も変わらないけれど、住むことが出来ない程放射線量が高いです。平成24年現在、全国50カ所程度の市民放射能測定所で体や食品中の放射能を測定できます。
困ったことに、政府が進める除染は問題解決になりませんでした。なぜなら除染の水に混じった放射線源は流れ流れて、溜る場所を替えただけだからです。このままでは被災者の心が壊れてしまいます。被災者の怒り、恨み、対立、価値観の違いがむき出しになり心のやりどころがありません。今こそ「国民の皆さん、共感と学びを大切にしたい!」 と訴えたい気持ちです。
振り切れる検知器ガイガーカウンター.jpg

原発事故前のBeforeな世界は、“千年持続できない社会”といえます。
20世紀型 千年持続しない社会.jpg千年も続かない社会はごみを産み捨てるところに困り果て。


原発事故後の
Afterな世界では、“千年持続できる社会”を福島のほとんどの人が考えはじめています。
千年持続できる社会イメージ.jpgバクテリアが分解できるゴミを出し。

どんな社会だったらいいかを根底から考え直そう、と福島の人たちは学びはじめました。

ところで、エネルギー革命は、薪→石炭、戦後には石炭→石油と進みましたが、石油に70%依存する日本社会に1973年オイルショックでした。“どうすれば千年持続できる社会が作れるの?“そのとき、私は考えはじめました。


地下資源の限界

原料が50年以内に不足・枯渇する石油・原子力は、21世紀中に使用中止に追い込まれます。

一方、数百年分は採掘できる石炭・天然ガスは、数百年間使用できます。

そして数百年後、自然エネルギーのみで全てまかなう時代になります。

現在のエネルギー使用量の13が、地球が生み出せる持続可能なエネルギー量です。

ライフスタイルや意識や制度を変えていけば、地球が産み出すエネルギー量と私たちが使うエネルギーをバランスできます。
さて見渡すと、山林や糞尿や潮力や地熱や風力や太陽光・・・使っていないエネルギー資源はまだまだ沢山あります。
掘り尽しまで50年.jpgこれは現実的問題です。
掘り尽しまで300年.jpg太陽光パネルも耐用年数20年で粗大ごみ。

掘り尽さないエネルギー.jpg

汚染廃棄物の限界

汚染廃棄されたゴミは地球上から永久になくなりません
地球の生態系から生態系へ、たらい回しされています。

特に原子力のゴミは100000(3000世代)以上保管します。
原発には、保管場所に困る使用済の核燃料があふれています。

石油・原子力・石炭・天然ガス・太陽光・・・全て廃棄物を発生しています。
汚染された水、海、空気はどうしましょう?)

田舎から考える

愛知県すげの里で、里山のエネルギー資源を使ってエネルギー100%自給を目指しました。
電気は太陽光発電です。エアコンはありません。
暖房は薪ボイラーで床暖房とお風呂をまかない、沢水のミニ水力発電を、獣除けの電柵の電源にしました。


日本の地域社会の変化

大正のころ日本では8割の人が農村部に住んでいました。
そして
1950年代に逆転し、21世紀には都市部に総人口の8割が住んでいます。

“田舎より都市部の方が質の高い人生を送れる“、という価値観が今の日本には蔓延しています。

2005年をピークに人口が減り始めた日本。
日本のサラリーマンの終身雇用や年功序列は右肩上がりでのみ成立する高度経済成長型の仕組みですが、経済同友会の将来予測でも
GDPは減少していきます。

人口推移〜2100.JPGhttp://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/newest04/sH2401r.html



生涯出生率は現在
1.27ですが、1.5だと子どもの数は減りません。増え続ける限界集落(人が足りず祭りの運営、自治、環境整備、水路の整備、水源の管理が限界)は、集落を存続するかしないかを集落で決めていくようになるでしょう。

集落の存続を決心したとき、どんな支援があり得るんでしょうか?
 
Iターン、Uターン、都市からの移住もあるんですが、Uターンが望ましいと地元は思っています。
けれども
Iターンが多いのが現実です。都市住民2029歳代の8%は田舎暮らしを望んでいます。
この若者たちに田舎に来てもらう必要があるでしょう。

おそらく、若者が来てくれた集落は残っていくでしょう。

豊田市の空き家情報バンク
http://www.city.toyota.aichi.jp/akiya/index.html

地元と希望者が面談し移住が決まれば、豊田市が空き家改修費を最大100万円補助します。
この
1年間に20世帯が移住しています。まだ移住希望の200世帯が待機し空き家不足です。
日々の暮らしを自分の手で丁寧に、収入が少なくても安心して暮らしていくのが移住希望者の思いです。
「なんでこの集落に来たの?」と聞くと「ご縁で来ました!」と、特に理由があるわけではないのです。
高度経済成長期の私たちは、田舎が嫌で都市に移り住みました。
都会では何事にも無関心で、夕日は見えず、隣の人は知らない。
一方、田舎では何でも手作りして、夜明けから日没まで働き、忙しいが夕暮れの景色に見とれる毎日。
稲刈りが終わると、ぼたもち配り。
麦を収穫したら、うどん。年の暮れはお餅。
これが近所付合いであり地域のセイフティネットです。

田舎暮らしで大事なことは三つです。
ムラの共同作業に必ず参加すること、祭に必ず参加すること、うわさ話を覚悟すること。


愛知県豊田市の里山モデル地区

豊田市の事業「日本再発進、若者よ!田舎を目指そうプロジェクト」で、「しんもり里山耕流塾」を開き、地元の方々が米作りや山仕事を指導しています。2年半の間給料を出し、そのあとは自立してもらうプロジェクトですが、10人が移住してきました。最初は有機農業で自立することを目指したけれども無理でした。そこで軌道修正です。有機農業に加え、こだわらずに地域を良くすることを何でもやることに。現在は都市&田舎の交流、共同農作業、婚活イベント等で生計を立ててます。10人のうち7人が定住しました。結局のところ、地域を支える移住のつもりが、7人は地域に支えられて生きています。

企業の取り組み:トヨ森なりわい塾http://www.toyomori.org/

田舎と都会をつなぐ試み、「なりわい」を探す試みです。

市民農園4家族共同で耕作してもらってます。すると通ってくる人たちのコミュニティが出来始めました。ただし、交流は増えるんですが、移住は少ないんです。それは、四つの障害がありました。住む家やっていく仕事医療、そして教育。特にお金がかかる医療と教育。定住促進のカギはこの四つの障害の解決です。そこで、これを直接支援するNPOの取り組みが始まりました。

NPOの取り組み

田舎移住に必要なことを都会の若者に千年持続学校が指導します。受講料5万円×30人=150万円を資材費として、住むところをつくる住まいづくり講座をやっています。昔はお金をかけずに家を建てたといいます。材料は持ち寄り、人が集まりお互いが助け合う、“講”の仕組みで賄っていたからです。通ってくる人の「“結”と“講”」で家づくり、人海戦術、共同作業です。予定地の倒壊家屋の片づけ、山で70本切り出し、家を建てました。移住予定は7世帯21人、30代〜40代の子育て世代が中心です。大人たちだけでなく、子供たちも毎月通っているうちにお互いの関係も、地元との関係も深まっていきました。

水力発電実験

岐阜県池川町で、30Wでどこまで出来るか?を試行錯誤中です。2Wの照明器具、洗濯機、冷蔵庫、インターネット等。生活はできますが、電気は買った方が安いですね。でも、根本的に物事を考え直させられる体験的な実験になっています。

最後に、ライフスタイルを見直し、ライフスタイルを支える価値観を見直し、千年持続する社会を作り上げていくことは必ずできます。子孫たちに千年持続社会を残しましょう。

posted by uutan at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指すところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

飼いならされた福島の人たち 日本は全体主義国家になった?!

<どこ行っとんたんか?>
ライオンに襲われるロバたちの映像をナショナル・ジオグラフィックで見ました。
ロバたちがライオンにおびえず、仲間が襲われ死んでいっても逃げもせず・・・。
ロバは、アフリカノウマを5000年前に家畜化した生き物です。
家畜化された生き物は、身の危険を察知できないんだ、と思い知りました。
ところで、中四国一帯に避難してきた福島の人たちから聞いた話です。
たまに置いてきた親に会いに帰るんだそうですが、
「どこ行いっとんたんか?」、と
白い目で見られるそうです。

<2012福島の状況>
2012年現在、降灰した放射能による異常は植物や虫たちに表れています。
・・・以下引用

福島の異常な草.jpg福島の異常な虫.jpgチェルノブイリに蝶の激減.jpg
以上、他ブログからの引用ですhttp://ameblo.jp/kennkou1/entry-11418424437.html・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レイチェル・カーソンの「沈黙の春」は福島で確実に進行しています。

<居残る人は新興宗教”科学技術教”の信者さん”ロバ”>
科学万能だと錯覚した現代工業文明は、
自分たちが失敗をしないスーパーマンだと信じる
新興宗教”科学技術教”の信者さんのようです。
「どこ行いっとんたんか?」、と白い目で見る福島の人は
生粋の信者さんで、自称科学者たちの餌食です。
まるで見えないトラ(放射能)に襲われているのに、逃げないロバです。

日本国政府の大本営発表
”総員、持ち場を断固死守せよ!!!”
、と私には聞こえてくるのです。
先の大戦では多くの日本兵がその命令を守り、”無駄死に”しました。

いま現代日本で、再び頭をもたげているのは
まさに”科学技術”と衣を着た
オブラートな全体主義です。
”福島県民よ、放射能に総員突撃、玉砕せよ!!!”、と。

人間もっと謙虚に、
”人間にはわからないことがあります”、と私は認めますが、どうですか?
”調査中”、とか
”知らない”とか
”直ちには影響ない”とか
居直りますか?


<それでも自由はある>
草や虫たちに起こったこと
数年後人間に起こります
これは道理にかない、とても自然なことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・以下東京都発表資料より
http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/60lcq100.htm
「東京都民1000万人は3600ベクレルの放射能を2011年3月に吸っていましたよ」
、という内容です。
図表http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/DATA/60lcq103.pdf
・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上東京都発表資料より

2012年山梨県中央自動車道、笹子トンネル崩落事故は、
実に奇妙な事故でした。
130m区間だけが崩落し、後は無傷でした。
この130m区間に強い力が加わった、とみると道理にかないます。
ピンとくる人は、”断層!”、と相槌です。
・・・・・・・・・・・・・・・引用http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11418895134.html
笹子トンネル崩落事故、2012年1月地震多数、あたらな断層・・・
・・・・・・・・・・・・・・・以上引用終わり

大本営、日本政府発表はボルトのせいにしていました。
ボルト腐食の原因には言及しませんでした。
これが当局のだましのテクニックと言えます。

笹子トンネルは富士山北方にあります。
勘のいい人なら、
”地層下に、新たな動きがある!”、と相槌です。
答えは富士山です。

次の富士山噴火の地震は相当でしょう。
福島第一原発も、とどめを刺されるかもしれません。
悪いことは言わないので、事前のそっと避難すべき場面が来ています。

飼いならされた家畜なら、この文章を読み小馬鹿にして逃げないはずです。
もし、飼いならされていない、まだ野性が残っている人なら、
本能の示す危険を察知し逃げる場面がやってきました。
逃げない自由も、逃げる自由もあなたのものです。
”オブラートな全体主義”では
逃げても、白い目で見られるだけです。

<見えないトラ(降灰した放射能)から>
私が思い起こすのは、メイフラワー号でアメリカに移住した新教徒たちです。
差別用語で”エミグレ”と呼ばれていました。
エミグレーション(移住)の略です。
移住者はいつの時代も白い目で見られ差別されるものです。
そういうもんだと思うと、道理にかなっています。
しかし、彼らは新しい国を作ったのです。
差別され白い目で見られるから、新しい何かをつかめました。

放射能にあたった人の家系は、いずれ途絶えていきます。
遺伝子の洪水の中では、異常な遺伝子は淘汰されていくからです。
言い替えると、
福島で被曝された方の遺伝子の異常部分は
孫やひ孫の世代で異様な形の人間となり表現型になります。
そして、差別・選別され消えていきます。
福島の異様な形の草や虫たちは、孫やひ孫の世代の人間の姿です。

奇形児1.jpg奇形児3.jpg奇形児2.jpg

見えないトラ(降灰した放射能)に食われ続けています。
食い殺されるロバたちはトラが危険なものだとわからなかったのです。
だから、仲間が死んでも逃げもせず、トラに向かっていきました。
当然みんな食い殺されました。

今若い世代ができることは、
1.見えないトラ(降灰放射能)を見る
1.見えないトラを危険視する
1.見えないトラから逃げる
1.”エミグレ”になる決心をする
1.”エミグレ”は白い目で見られ生き残る
1.孫、ひ孫たちから感謝される

遠い未来に結果が出ます。
断固とした信念が問われます。
同時に、人間力が試されています。

<原発はいずれなくなる>
いずれ30年もすれば、ウランは掘り尽され、無くなります。
ウランがなくなれば、原発は無用の長物です。
これは道理にかなっていて、自然なことです。

自民 石破幹事長が言うように
「政府は、プルトニウムが欲しい」 だけです。
言い換えるなら
数百万人の遺伝子異常はやむを得ない
日本政府のために子子孫孫の異常は耐えてくれ
後のことは知らないけれど

私にはそんなふうに聞こえます。
しかし結果には自己責任です。
あなたが取るしかありません。

他人任せ・・・
あいつが言うから・・・
あいつが悪い・・・
あいつさえ・・・・

これ責任放棄といいます。
騙されてもともとです。
つまらない意地をはらないです。

2012年の私たちが耐えれば済むこと。
白い目で見られ差別され

それでも、
子子孫孫に笑われ、けなされ恨まれるよりましではないですか?
”我が先祖は先見の明があったなあ・・・”
”我が先祖はよくぞ決心してくれたもんだ、感謝!感謝!”
これはかっこいい生き方です。
まさにヒーロー・ヒロインなのです。

今からお子さんを生む世代や
お子さんを育てている世代の方々
首都圏の方、東北の方、福島の方

放射能のないところへ移住した方がいいです。
”えみぐれ”になってください。
人間にはわからないことだらけなのです。
未来のことはわからないのです。

放射能汚染の急拡大は、やってくるんではありません。
もうあなたの横にいます。
posted by uutan at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。