2012年03月16日

世界は鳥インフルエンザの危険性を命がけで無視している

H5N1型鳥インフルエンザウィルスを遺伝子操作して、作り出した高致死率のヒトインフルエンザウィルスの話の続きです。
以前の記事です。
http://uutanokayama.seesaa.net/article/248138097.html
あまり怖いお話がお好きでない方は読まれない方がいいです。
私は危機をあおる者ではありません。
皆さんには知る権利があり、よく準備することもできます。
読まれる方も、心の恐怖を何かに投影してしまうことを注意深くお避け下さい。
現代の社会は、前向きだとか積極的だとかいう正のフィードバックを促すことであふれています。
私の申し上げることは、負のフィードバックを促す耳障りなことです。
だからこそ知る必要があることだと思います。

米国の聖ユダ小児研究病院のウイルス学者であるロバート・ウエブスター教授は鳥インフルエンザ研究ではその道40年の世界的権威です。
元小樽市保健所所長 外岡立人氏のブログ”徒然日記”で、とても大切なことを言っておられたので引用します。
http://panflu.world.coocan.jp/jyouhou/BIRDFLU/diary/index1.html
以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012/2/6 (月)

 
ロバート・ウエブスター教授も人感染H5N1ウイルス作成実験を即刻中止して、永久に行うべきではないと警告
 
米国の聖ユダ小児研究病院のウイルス学者であるロバート・ウエブスター教授も、オランダと米国で行われている人に感染可能なH5N1ウイルス作成実験を即中止し、永久にそのような実験を行うべきではないと警告している。
 
ウイルスが外部に漏れ出たら人類の6割を殺すH5N1ウイルスは世界中に広がり、史上最大の惨事となるだろうと語っている。
 
 
同教授の元には現在話題に上がっている東大医科研の河岡教授をはじめ、多くのウイルス研究者が日本から留学している。
 ウエブスター教授は人のインフルエンザウイルスがカモ等の水棲鳥のインフルエンザウイルスが変異して人に感染するようになったことを証明し、さらにワクチン開発で大きな功績を残してきた。
 早くからH5N1鳥インフルエンザウイルスの研究を行い、このウイルスが人にとって非常に危険であることを訴えてきた。
 出身はニュージーランドであり、同国の誇る世界的科学者となっている。

 ウエブスター教授を取材した英国の”The Guardian”の記事が昨年9月に掲載されている。
 マルタ島での国際会議に向かう途中でのインタビューである。
 訳文はPDFにしてある。
http://panflu.world.coocan.jp/jyouhou/BIRDFLU/2011/RobertWebster.pdf
 
Rorert Webster: 'We ignore bird flu at our peril' The Guardian
(英国) ロバート・ウエブスター:(表題)世界は鳥インフルエンザの危険性を命がけで無視している 2011/9/18

米国の聖ユダ小児研究病院のインフルエンザ研究者の頂点に立つロバート・ウエブスター博士へのインタビューを交えた、鳥インフルエンザの危険性に関するレビュー。

国連(FAO)が新たな警告を発すると共に、ハリウッドがパンデミック映画を作製して、鳥インフルエンザが再びニュースとなる機会が増えている。

我々は50 年前に世界で初めてパンデミックを警告し、そして現在再び警告している人物に会い、色々と話を聞いた。

スチーブン・ソーダーバーグ監督によるパンデミックスリラー”Contagion(コンテイジオン)”で、最終場面まで、パンデミックを起こしている病原体の正体は明らかにされない。

それは豚肉由来か、それともCDCの高官がいうように、全ては鳥由来なのか?

最終的にソーダーバーグ監督は、豚と鳥両者が病原体拡大に関与していることを匂わせ、病原体は鳥インフルエンザウイルスとニパウイルス(コウモリが介在するマレーシアの豚農場におけるウイルス感染症。人に感染すると脳炎を発症。詳細).のハイブリッドであることを示唆している。

映画上のシナリオであるが、この仮説は実際に脅威的事実として存在している。

 

ロバート・ウエブスター博士は以下のように語っている。

「私は未だ映画は見ていないが、鳥インフルエンザは潜在している現実的殺人的感染症である」

同博士は世界の最も卓越した鳥インフルエンザに関する専門家であるが、オックスフォードからマルタ島まで相次ぐ会議に参加する過程でインタビューに応じてくれた。

「自然は人に感染すると50%を死亡させるウイルスが存在している事を示しているが、世界は自己責任でそれを無視している」。

それは”鳥インフルエンザの教皇”と呼ばれるウエブスター博士が50 年前から警告してきたことである。当初は懐疑的に周辺から考えられていたが、最近は尊敬の念で信頼感が増している。

ウエブスター教授の安眠を妨げるほどに気にかけられているのはH5N1 ウイルスである。

H5N1 鳥インフルエンザは1997 年に初めて人に感染し、16 人に感染して6 人が死亡した。(訳者:正しくは18 人が感染)。

その後2003 年にタイとベトナムの養鶏場で再流行し、さらにアジア中に広がった。

2005 年には中東から東欧へも広がった。

  

2009 年にH1N1 豚インフルエンザが流行し、WHOはパンデミック宣言した。

「この2009 年のパンデミックは、我々にとって非常に幸運だった。自然はウイルスの中に人に対する致死的遺伝子を加えていなかった」

ウエブスター博士はそのようにコメントしている。

 

しかしながら博士は同時にH5N1 の脅威は去ていないことを主張している。

むしろ最近の科学的データが正しければ、新規変異株、コード名”2.3.2”は中国とベトナムから中央アジア、東欧へ渡り鳥で運ばれている、と博士は説明する。

一方、H5N1 のホットスポットであるエジプトでは、家きん飼育場で他の変異株が流行し、有意な数の感染死を人の間に起こしている。

博士によると、今月初めにオックスフォードの聖ヒルダ大学で行われた国際会議で、”H5N1鳥インフルエンザは渡り鳥によりユーラシア大陸全体に広がっている可能性があり、アメリカ大陸に入って来るのは時間の問題である”と語られたという。

 

今年79 歳になるウエブスター博士は、ニュージーランドの農場で育ち、その後人生の半分を鳥インフルエンザの研究で費やしてきた。

米国メンフィスの聖ユダ小児研究病院の感染症部門で、世界で唯一の人獣インフルエンザ感染研究を主宰している。

無数の鶏卵を使用してワクチンの研究を行い、そして多くの専門家を育成してきた。

イタリアのパドゥアにある、世界動物保健機関の国立協力機関のカプア長官は次のようにウエブスター博士を評している。

「世界は博士に大きな借りがある。多くのことで彼はインフルエンザの父であり、また母でもある」

ウエブスター博士は中国やバングラデシュ、そしてインドネシアなどの鳥インフルエンザのホットスポットを訪れて調査に明け暮れてきた。

同博士は世界で最初に、水棲渡り鳥がインフルエンザウイルスの自然宿主であることを見いだしている。

中略

豚インフルエンザで約18000 人が世界中で死亡したが、それは米国で毎年季節性インフルエンザで死亡する数の半数に過ぎなかった。

こうした事実はパンデミック・インフルエンザの脅威に対する懐疑的見方がこれまでになく高くなっている。

「現在(米国の)政治家達は(鳥)インフルエンザに対して関心を抱いていないが、誰もそれを非難できない。誰も死なないからだ」、と同博士は言うが、続いて次の様にコメントしている。

「しかし、米国に鳥インフルエンザウイルスが入って来るならば、早急なるワクチン接種の必要性に社会は気づくことは間違いはない」。

 

ウエブスター博士によると、それ(H5N1 がパンデミックになること)は時間の問題だという。

2003 年以来H5N1 ウイルスは世界で565 人を発病させ、331 人を死に至らしめた。実に致死率は60%に近い。

またそれは世界で4億羽以上の家きんを殺すか、殺処分に追い込み、200 億ドル以上の経済的損失を起こしている。

先月FAO(国連食糧農業機関)は、6 歳のカンボジアの少女が鳥インフルエンザで死亡し本年度同国で8 人目の死者となった報告の後、世界に警戒体制の強化を促した。

同時にFAO は最近鳥インフルエンザが発生していなかった地域でもH5N1 ウイルスが、渡り鳥に運ばれて拡大してきていることを報告した(イスラエル、パレスチナ、ブルガリア、ルーマニア、ネパール、モンゴル)。

しかしながらFAO が最も警戒しているのは、中国とベトナムで拡大している変異株、2.3.2で、渡り鳥でさらに拡大する可能性が高いとされる。

ウエブスター博士によると、2.3.2 変異株は未だ未熟であり、むしろエジプトの養鶏場で土着している2.2.1 株の方が心配であり、既に今年に入ってから32 人が発病し、12 人が死亡しているという。

以上引用終わり・・・・・・・・・・・・

前回取り上げたコンラート・ローレンツ博士。http://uutanokayama.seesaa.net/article/257098400.html
ローレンツ博士の「人間性の解体」では、科学技術が人間の新たな主人として登場している、と指摘しています。(ローレンツ博士は動物の生態観察でノーベル賞を受賞し、生態学の見地から動物と人間を比較し、独特の観点から文明論を展開されました。自然に慣れ親しんだ方には、博士の言わんとするところは理解できます。)

残念なことに、科学技術はローレンツ博士の死後、驚異的スピードで進歩しました。
そしてついに人類史上最強の殺人ウィルスを科学技術自ら作り出しました。
核兵器よりはるかに危険な軍事兵器となります。
遠くない将来、兵器として使用されると私は確信しています。
理由は多くの人が科学技術に対してへりくだってしまうからです。
科学的に・・・と聞けば納得してしまうのではないでしょうか?
主人の意見や主人が開発したモノに大多数が盲従しています。
言いかえると、人類は科学技術の方向性すらコントロールできなくなりました。
科学技術の間違いを正す力がありません。
結果的に、自らを滅ぼしかねない代物を生み出しました。

人間同士の競争が生みだした悲劇としか言いようがありません。
”人口過剰”の現代、サーベルタイガーや狼に向けた敵意を人間同士に向けています
出世競争、経済的生き残り・・・競争の果てには何があるでしょうか?
高級ホストに入れ込む女性や、高級バーに通い詰める男性のようです。
気の狂った競争 を止められない病 に人類は罹っています。
人類は本当に悪性の病気にかかっています
病気にかかっている人類 は社会全体がおかしいです。
多くの人を捉えて離さない”競争の果ての不安”がその正体です。
不安からの自殺者の増加、
(不安を家族に投影した結果)家庭内の殺人の増加、
(不安を社会に投影した結果)無差別殺人の増加、
・・・
人々の不安が膨れ上がっている証拠は増えるばかりです。

ローレンツ博士は、この文明が滅んだ場合、旧石器時代の状態にまで人類は戻るのではないかといいます。
人類を支えているのは文化です。
営々と積み上げたきた文化を支えているのは我々一人一人です。
メンバーが大量に死ねば、文化も失われるからです。

次回のパンデミックで私自身は生き残ることは難しいです。
最大限の準備はしていますが、どう考えても難しいのです。
それほど、遺伝子組み換えで作製された殺人ウィルスは強力です。
諦めるというのも生きる姿勢のひとつで気が落ち着きます。
生き残った人類がこのウィルスと連れ添うのも悪くはないのです。

運良く生き残った人には、どうか自らの心に宿る”敵意と対峙していただき、うまく付き合ってもらいたいと期待しています。
この”敵意” をうまく乗りこなした時、人類は新たに再出発できます。

癌とたたかう ⇒ 癌と付き合う
経済的競争  ⇒ 欲と付き合う
病気を克服  ⇒ 病気と連れ添う
このように言い替える人間社会が来ることを願ってやみません。

どうぞ、子々孫々が穏やかに生きていくことができますように。
posted by uutan at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パンデミックに備える? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

「文明化した人間の八つの大罪」

動物学者コンラート・ローレンツ博士「文明化した人間の8つの大罪」(1973年)は現代社会を予言しています。
(動物の生態観察でノーベル賞を受賞されたローレンツ博士は、人と動物の生態比較から文明論を展開されました。これはラジオ番組で人気となったトークを著作にされました。)

人間社会の第一の問題は人口過剰だといいます。
動物生態学より人の適正な人口密度は、1平方キロ当1.4だそうです。(「ゾウの時間 ネズミの時間」より)
日本の人口密度は、その150倍程度。
しかし、都市の過密では1000倍を超えています。
私もそうですが、都市に在住すると、とてつもない不快感を感じていました。
マウスでさえ、ひとつの檻にたくさん飼うとお互いを攻撃し合います。
本文引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
"(野生のアカゲザルの社会では)普通の状態では、このサルの社会を統治するボスたちはたがいに最高に友好的な関係にあります。ところが、この同じ社会を檻の中に閉じ込めると、全メンバーが神経質になり、いらだって攻撃的になるのがみられます。そうなると、ボスたちの間の友情は次第次第に減少してゆきます。そして、彼らの敵意が極限に達したとき、新しいタイプのボスが出現します。それは横暴で非社会的な個体です。彼は権力を握りますがこれこそまさに、人間社会でで神経症的な状態、怖れ、不安が現れた時に起こることではありませんか。”・・・・・・・・・・以上本文引用(ナチのように)”


犯罪の増える原因は、高い人口密度です。 

私が取り組む、
鳥インフルエンザ・パンデミック
原子力発電
遺伝子組み換え穀物
等は、人口過剰がもたらした問題です。
ローレンツは、
凶悪事件
家庭内暴力
自殺者
モラル低下
商業主義
核兵器
等も、都市化して過密で棲む人間の生み出した問題だと言います。
効率よく殺人する兵器 = 核兵器 とは、
人間の心を無くした究極の証明です。

攻撃性、無関心、不安・・・・。
人間ならではの適応の仕方だと言います。
すべて、産業革命以後の急激な人口増加が原因です。

マルサスの人口論があります。
産業革命前と産業革命後では価値観が転換していると言います。
(「人類10万年の経済史」より)

マルサス的経済(イギリスの場合)
産業革命以前の価値観
望ましいこと
少子多産人口が増えないこと
不潔清潔感染症が広がること
暴力平和死亡率が高いこと
凶作備蓄貧民層の高い死亡率
間引き親孝行平均寿命が短いこと
不平等平等な所得身分制があること
自己中心慈善他の者を助けないこと
怠惰勤勉多くの者が働けること


産業革命以後の価値観 
望ましいこと
多産少子人口が増え国力が増すこと
清潔不潔感染症が少ないこと
平和暴力死亡率が低いこと
備蓄凶作社会的混乱を避ける
親孝行間引き長い平均寿命
平等な所得不平等中間所得層の増加・経済成長の原動力 
慈善自己中心相互扶助
勤勉怠惰生産効率の上昇、より儲ける

人命尊重や民主主義といったお題目さえあれば、
米軍の軍事介入や多国籍軍の空爆等の暴力に口実を与えます。

世界中が経済競争という際限のないゲームをしています。
その結果、少数が勝ち残り、大多数が負けるという不思議な現象が起きています。
これを当たり前とする現代人は、生物としてバランス感覚を欠いています

人は、全ての人を愛せるようにはできていません。
なのに、できもしない人類愛が唱えられます。

科学技術や医学の発達の果てに、私たちが見たものは快楽や無痛です。
快楽や無痛にどっぷりの人たちには、震災復興と言ったって、頑張ろうと言ったって、伝わるものが無いのです。

テレビで、頑張ろう日本が連呼される程、
むなしく感じたり、無関心になる人が増えていくというわけです。
それよりも、日本の多くの人を捉えているのは、不安感です。
不安ゆえに、地震情報に敏感になります。
将来の不安ゆえに、貯金し、絶望し、自殺します。

真の豊かさは、科学技術の発展や貯金を増やすことに置き替え てしまいました。
なので、経済新聞が売れています。
多くの人が読めば読むほど、新聞やテレビによるコントロールがなされていきます。
同じような価値観を持ち、同じように考えさせられた結果、日本人は危険物の原発にも反対してきませんでした。
結果的に、取り返しのつかない原発事故を招いてしまいました。

本来なら、日本人として一度も反対しなかった自分を反省するところです。
ところが、誰も反省せず、攻撃ばかり、責任のなすりつけ合い ばかりしています。
これが現在の日本ですし、欧米も似たり寄ったりです。
人間の美徳、反省を忘れ去っています。

我々は価値観の転換を迫られています

2012年以降の世界 
望ましいこと
少子多産人口が増えないこと
不潔清潔感染症と付き合うこと
暴力平和死亡率が高いこと
備蓄凶作社会的混乱を避ける
間引き親孝行平均寿命が短いこと
不平等平等な所得身分制があること
慈善自己中心相互扶助
怠惰勤勉多くの人を雇用する 
少子化を奨励し人口を減らすこと。
死ぬ権利と、
過剰医療を拒否する権利を認め、死亡率を高めること。
長寿社会ではなく、ほどほどのぴんぴんころり人生を奨め平均寿命を縮めること。
慈善事業を奨め、寄付行為を減税すること。

人口密度が減ると人間性が回復されます
つまり、
お互いを助け合い(相互扶助)
親孝行をし、
平和的解決を求める 
ようになります。

最終的に  
望ましいこと
少子多産人口が増えないこと
不潔清潔感染症とお付き合い
平和暴力死亡率が低いこと
備蓄凶作社会的混乱を避ける
間引き親孝行平均寿命が短いこと
平等な所得不平等中間所得層の闊歩
慈善自己中心相互扶助
怠惰勤勉多くの人を雇用する 
このような価値観に軟着陸できればしめたものです。
膨大な財政赤字は、幕末期に各藩が参考になります。
利払いを停止し、250年返済に引き直し、年5兆円までの返済に替えられます。
残った余力で、年金世代を面倒見ます。
もちろん、死ぬ権利を行使した人や、過剰医療を拒否する人には贈与税を減免します。
財政赤字問題は、政治力のない政治家たちの言い訳だし、インフラ等の既得権益業界の懐を温めています。
戦後の動乱期に作った法律は停止が適当でしょう。

もし、意識的に人口を減らすことができない場合、
人類は歴史上繰り返したような破滅的結末を迎えます。
都市は放棄され、
人間は野たれ死に、
文明は終焉(しゅうえん)を迎えます。

この時、生き残る人(子孫を残せる人)は決まっています。
以下の質問に答えて下さい。
1ストレスに敏感ですか?
2身体の不調に敏感ですか?
3身の危険に敏感ですか?
4反省することが多いですか?
5衝動的にならず冷静に行動できますか?
6競争原理は性に合わないですか?
7愛に基づき行動したいですか?
8思いやりを持って行動しますか?
9人を赦すことができますか?
10不安に捉われずに行動しますか?
Yesが多いほど、生き残る(子孫を残す)確率の高い人です。
逆に、社会的成功者は間違いなく子孫を残しません。
生物としての基本的能力を弱めて社会適応しているからです。
反対に、社会からドロップアウトした人こそ、子孫を残す確率が高いと言えます。
ストレスに敏感に反応でき、生物の基本能力を失っていないからです。

例えば、岩手・宮城・福島三県559万人中7万人が県外に避難されました。
1.2%程度の人ですが、生物として当然の行動と言えます。
反対に言うと、文明崩壊の時その程度の人が優れた子孫を残します。
(私の言っている生き残るとは、優れた子孫を残すという意味です。)
(個々人の方の生死は、個々人が決められることですし、最後まで人生を満喫できると思います。)

生物にとって最も大切なことは、弱肉強食ではありません。
人間という生物にとって大切なこと、
相互扶助
共食
(共に食事すること)
共同保育(子育てを一緒にすること)
反省と試行錯誤
挑戦
です。
そして子孫を残すのです。

ハメルーンの笛吹きの音色は、とても心地よく耳触りがいいです。
しかし、その行く手には溺れる川しかありません。
どうか、早く気づいていただき、一人でも多くの方が助かるよう祈らずにはおれません。

残念ながら、西洋人はバランス感覚を持って考えられません。
その結果、持続的農業を確立できず、砂漠ばかりを作ってきました。
持続的農業を達成した人たちは、
アジアの人たち、とりわけ日本人なのです。
(「木を見る西洋人、森を見る東洋人」より)
日本人が立ち上がらなければ、人類はおしまいかもしれません。
家畜化した人類へと突き進む道もないではないですが・・・。

どうか子々孫々が穏やかに生きていけますように。
どうか私たちが 穏やかな死を迎えられますように。
文明人の8つの罪を知りたい人はここをクリックください
posted by uutan at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 文明の崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

地震に警戒!2012年3月08日は満月 前後二日は要注意

森谷武男先生のFM波観測での異常(10か月)が、3月1日ごろおさまったそうです。
過去の経験から言うと
3月1日〜3月20日の間に
マグニチュード8〜9の地震が
東北、ないし千葉沖で起こる可能性があります。
以前のブログhttp://uutanokayama.seesaa.net/article/249156387.html
にくわしく書いています。
是非目を通していただき、自分の目で確かめてください。
これは予言でも予知でもありません。
警戒すべき根拠を示しています。

特に2012年3月8日は満月です。
統計上、新月と満月は最後のひと押しで地震になりやすいとアメリカの雑誌で言っています。
どうぞ、注意してください。
首都圏の方はもちろんのこと、
東海地方の方、福島の方はとても関係があります。

是非、警戒して準備してください。
非常用の飲料水
非常用の簡易な食べ物(米は水を使うので炊けません)
暖をとるカセットコンロ
石油ストーブ
簡易な毛布セット
こんなものは用意されるといいかもしれません。

以前、説明しましたが
世界的に地震や火山活動が増えてきています。
過去の経験則が使えなくなっています。
http://uutanokayama.seesaa.net/article/253324638.html
是非目を通していただき、実際のデータでお考えください。
宇宙から飛び込んでくる”宇宙塵”が増加し、降雨量も増えてきています。
自分の頭で考えることが大切です。

風説やデマに惑わされてはなりません。
地球の息遣いを感じてみてください。

以前、太陽の動きについて説明しました。
http://uutanokayama.seesaa.net/article/254114741.html
現在、いまだに調べていますが、
太陽の動きがいよいよ不調になっています。
この影響が、地球に及んでいます。

太陽系全体にも尋常ではない異変が起こりつつあります。
水金地火木土天海
外側から次第に地磁気の異常が起こっています。
詳しくは後日書くことにします。
どうしても待ちきれない人は、
NASAやESA、ロシア関連サイトでお調べください。
キーワードは
pole flipping
excursion (of Earth's magnetic field)
です。

どうぞ落ちつて行動してください。
自分の気持ちを落ち着かせるには、
座禅して行う数息観(すうそくかん、腹式呼吸で息の数を数える)
ヨガ等
があります。
不安感が収まります。

どうぞご健闘をお祈りしています。
起こらなかったときには、是非、喜んで下さい。その後の地震はこうなりました。結果はクリックください。
posted by uutan at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。