2011年12月25日

近藤駿介内閣府原子力委員長の「最悪シナリオ」

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111224k0000e040162000c.html
近藤駿介内閣府原子力委員長が「最悪シナリオ」を
3月25日に提出していました。
事故後2週間で提出というけれど、
その内容はすざまじいです。
半径170km以内は全員退避。
総計3000万人の大避難計画だそうだ。

近藤駿介氏は過去にこんな発言をしています。
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/nuclearpower/mirai/040627_01.html

もうバリバリの原子力産業推進者という顔役だ。
”原子力にはリスクがあってもそれを最小化して・・”って。
”・・これが原子力関係者の力量だ・・・”って。

この国の自称偉い人たちは本当にどうかしています。
3000万人を避難させて、日本が成り立つのだろうか?
3000万人を避難させなきゃならん加圧水炉型原発は危険物ではないんだろうか?
加圧水炉型原発という危険物を国内に数十基もかかえる現状のリスクは?
国の命運を天任せにしていていいんだろうか?

もし原発が無ければ、このリスクはゼロになります。
すぐさま、そうすべきではないだろうか?
日本の国土は、ギャンブルの実験場ではありません。
日本の国土は、私やあなたの子孫がこれからも住み続ける故郷なんだから。
何百万人の犠牲を払っても守り抜いた英霊の故郷なんだから。

もう少しまともな議論をしましょうね。
これを読んだ人も考えてみてください。
大新聞やテレビの論調の異常さを特に考えてみてください。
さらに考えてみる人はこちらへ
posted by uutan at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

塩野七生氏 百年インタビュー要約(後半改)

塩野七生さんの百年インタビューの要約(後半)です。
詳しくはNHKオンデマンドをご覧ください。

・・・・・以下要約(後半)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リーダーの資質
イタリアの小中学校の歴史の授業で教えているんですが、

 @    知力:知識ではなく頭の使い方のこと。

A    説得力:敵を背得するため。自分の考えに相手を近つけるため。

B    肉体的耐久力

C    持続する意思:ぶれないこと

D    自己制御能力:地位が高くなるほど不自由になる。感情の表現はタブー。職責だと思う。

 リーダーに決断力・実行力は当たり前。 

ローマの言い分=クレメンティア(寛容)

・国境線を無しにしようよ

・ローマ市民権は征服した者にもあげよう

 

持続する社会の条件

格差社会だけれど流動的。(格差が固定した時、社会が終わる

長続きする社会には、健全な中産階級がいた

 

リーダーばかりでは困る。必要な人は?

リーダーを補佐する人

リーダーに従う人

人材はどこにでもいる、それを集めること、相乗効果を出すこと

 

狂信=それは知らないということ

一神教ではなく多神教。他人の信条信念を認めること。

 

覇気が無い日本(英国→米国→日本→中国)

すでに持っている人はハングリーになれない

日本の失われた10年とは

精神的なことや物質に投資する余裕があった

つまり新しいことは無駄からしか生まれない。

期待されないけれどやってみたところから、新しいものが生まれる

 

損する人が一番早くわかる

得する人は自分が得してんだかわからない。

それを「得しているよ」って指摘してやるのがリーダー。

 

現代の政治家たちは

世界中の指導層が政治に対し小者化:これは平和な時代の代償

日本人が米国の助けを活用する素地があったから、高度経済成長することができた。

抽象的なことや想定することが不得手な日本人、具体的問題を詰めていくのはうまいです。

政治家みんなが保身を求めているために政治も矮小化している。

原発事故復興も同じ:民意がまとまるまで待つ・・・ではなく
「私が責任をとります。できなかったら辞めます。だからやらせてください。」ぐらいでないとできないでしょう。

 

アンドレジッド;「麓にいるとトルストイが見える、登ってみると向こうにドストエフスキーが見える」私たちの想像力なんて大したことはない。まず目の前の山を登ることが大事

我々は即座に結果が見えるものを求め過ぎている。期待しないで育てたものの方が案外とモノになったりする。モノになるとなったわかったときに選択集中投資するといいです。

日本はやり方自身を見直すことが問われています


ベネチア共和国に学ぶ

ヨーロッパで息の長い国家と言えばとベネチア共和国です。
千年にわたり、高い生活水準を誇りました。

“フランドルやイギリスでは安ものが受け入れられている。”
各地の大使からの情報からベネチアは高級織物に焦点をあわせてくる。
16C当時高級織物&出版の王国(パリも遠く及ばなかった)。
日本が目指すべきは知的集約産業
ローマ帝国は超大国で、歴史上一度も覇権国になったことが無い日本がまねできる国家ではない。
だから日本はベネチアを目指すべき。

@    すざまじいばかりの合理的精神

A    人材はだれでも利用する。

B    情報収集と高度な分析をやる

日本は、中国と覇を競う必要はない。


歴史を学ぶ必要性
人が一生に学ぶ量は
50年分ぐらいしかない。
歴史を学べば他の人の経験値も学ぶことができる。

 

私を待っていてくれる男たち
母の病床で、「とうちゃまが待っててくれますよ。」と声をかけたところ

後で母が息子に
七生には待ってくれる人がいないわねえ」と。
でも息子は、
母がああ言うけれど「でも書いた男たちが待っててくれますよ」って。

一生聞きたい言葉、「よくやったね」と男たちが言ってくれるだろう。
書いた男たちが待っててくれるから。
だから私はこれからも書きます。
posted by uutan at 23:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

塩野七生氏 百年インタビュー要約(前半改)カエサル他

先日、NHKの百年インタビューで作家 塩野七生さんとのインタビューでした。
たいへん知性あふれるお話でした。
要約を掲載します。後日後半を掲載予定です。
・・・・・・・・以下要約・・・・・・・・・・・・・・・・・


十字軍物語を書き終えて

5ヶ月間籠城と称して、生きてる人と付き合うことを辞めていた。独房状態。

歴史の男どもを生き返らせなければならない。内臓筋肉一つ一つを目の前に創造しなければならないから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

“読者へ

なぜローマ人だけが、あれほどの大を成すことができたのか。一大文明圏を築きあげ、それを長期にわたって維持できたのか。
またそれはただ単に広大な地域の領有を意味し、大帝国を築くことができたのも、そしてそれを長期にわたって維持できたのも、よく言われるように、軍事力のみであったのか。
そして、彼らさえも例外にはなりえなかった衰亡も、これまたよく言われるように、覇者の陥りがちな驕りによったのであろうか。
これらの疑問への答えを急ぎたくない。
人々の営々たる努力の積み重ねである歴史に対して、手軽に答えを出したのでは失礼になる。また、私からして、まだはっきりとはわかっていないのである。史実が述べられるにつれて、私も考えるが、あなたも考えてほしい。

「なぜローマ人だけが」と。“
「ローマ人の物語T」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ なぜ地中海世界だったんですか

日比谷高校に好きな男の子を追っかけてっただけ。ホメロスのイリヤス物語を読んでこれだわと思いました。登場するアキレスに惚れました。「塩野さんはギリシャ風邪にかかっているんだよ」と言われていて、大学の受験勉強を辞めてギリシャ三昧でした。

私はちゃらんぽらんな女で、好きになった男にすぐに染まってしまいました。


動機が、人様にあまりほめていただけるようなものではなかったです。男には執念深くなかったですが、自分がやりたい事には執念深いところがあり今に続きました。

「ローマ人の物語」では、パドリアヌス帝の性格を最も現わしてる像を選んできました。地図を多用しますが、地図は執筆者が理解している範囲でしか書けないものです。私は白地図を一から作って見せています。


映像やコンピュータグラフィックスでは、照り付ける太陽の暑さが伝えられない、風の流れが伝えられない、人間の汗の流れが伝えられない。

その人を書くにはどうやって表現すればいいのか考えています。歴史上の男に私が近づいていくようにしています。


歴史学者と私の違い
それは勉強の質や量ではなくて、研究者は自分が知っていることを書く、私はわかりたいと思うことを書く。カエサルの暗殺の時
23も刺された。2刀目が致命傷だったと分ったであろう彼は、着ていたトーガを裾を見苦しくないように整えました。この男はどんな人間か知りたかった。同時代の文献(原資料)を読み彼はどう描かれていたか知り、当時の声を聞きます。対訳本のイタリア訳と英訳を読み比べ、ラテン語を読み比べているとぼんやりしていたものが、だんだんその姿がはっきり見えてきます。カエサルの筋肉の触感まで伝わってきました。これを今度は言葉で表現しなければならない。読者のもう一度見てもらわなければならないわけです。

私は歌っているだけ

ある人が私に、「塩野さんあなたはオペラを作っているんですね」と言われました。「オペラはすでにあるんです。私はオペラを歌っているだけ。」  
司馬遼太郎先生に言われました。「日本には歴史書と歴史小説しかない。あなたはその中間をいこうとしています。」じゃあ作家として商売していけるかなあと思いました。それでせめて好きのさせてくれた親への恩返しかと思って本名で出版してしまいました。


私は傍流
私は傍流でだと思っています。主流ではない。
評論家と学者とかはその作品を語るんです。私は書きたい、論じるのは好きではないです。
私はいい加減です。はじめに書き出したら波に乗って書くタイプです。映画で言うなら黒沢明スタイル。小津安二郎監督のように工程表通りに書いていくとなんか人工的になって、歴史のダイナミックな動きにならず、優等生の論文みたいになってしまうんです。


百歳までなんて
定年になる年(55歳)から
15年間で11冊。幼馴染たちは優雅な引退生活してるのに、こっちは定年も減ったくれもないって感じ。ある同年輩の読者が「あなたよくまあ書き終わるまで生きてるって確信できたもんですねえ。」と。
そのための健康法とか全然しません。

何故かって言うと、イタリアのノーベル医学賞を受賞したモンタルチーニって女医さんのインタビュー番組を見てびっくりしたことは、頭がはっきりしていること。長生きのコツを聞かれた彼女は「私は明日やる仕事が分っていること」って。

私も前の日に書いた原稿の推敲をやるって、明日やることが決まっているので同じだわって。じゃあ百歳まで生きちゃうかもって思って。いけないってこと全部しちゃおうってことで、タバコは喫うしお酒は飲むし・・・。(笑)

もし私が百歳まで生きてしまったらどうしようかって思うんです、間違いなく迷惑するのは私の息子でね。


カエサルの名言・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなに悪い事例とされていることであっても、それがはじめられたそもそもの動機は善意によるものであった。


人間ならば誰にでも真実のすべてがみえるわけではない。多くの人は見たいと欲する現実しか見ていない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 シーザーという男

カエサルを書かないかと言われたけれど、30代で書けるような男ではない。
カエサルは相当ローマ的男です。それでいて締めるところを知っている。
カエサルは美男でもなくお金持ちではなく、成長株でもなかった。ポンペイウスがトップを走っていたけれど、競馬で言うなら最後の直線で追い上げてきた。
30代〜40代が面白い人物だったと思います。殺し文句を入れるから面白かった。日本の国会中継もまともなことを言っているなと思うけれど、最後の一行が足りない。それが殺し文句。言葉の力はたぶらかすこと。

もしかしたら自分たちもやれちゃうかもしれないと思わせくちゃいけない。

「あんたみたいな不実な男とはやっていけない」と言った時、「あっそう」と言うようなもの。

そして隠さなかった。愛人セルウィリア(ブルータスの母)に天然真珠を送ってローマ中の評判になった。彼はこれをくれたんだわって、女はそれだけで満足してしまう。

カエサルは、最後まで面倒を見てくれちゃったからね。

17歳の息子にブルータスと同じ状況だったらどうするって聞いたら「カエサルを殺す」って。ブルータスが殺したのは、心の葛藤があったかもしれないですね。


クレオパトラという女

書きたいのはローマの歴史です。クレオパトラが有名なのはわかります。頭がいい女で、気がきいた女、センスもあったと思います。自分が思うがまま男を操りたいと思うのが女。でも操れるのは2級の男。だからカエサルは操れなかった。

クレオパトラは一国の統治者として優れていたかといえば、彼女は落第点。彼女は墓穴を掘りました。エジプトの王朝をつぶしてしまいました。ローマの属国友好国として

日本の歴史に比べると妙によどんでいるところがあって。誇りというかそういうのに邪魔されて、本当の目的を見失っちゃうんです。一個の女性なら構わないけれど、一国のリーダーとしては大したことがなかった。

緊張の連続の2年間のガリア征服が終わって、カエサルは休養したかった。本国ローマではカエサルはどこへ行ったと大騒ぎしていたけれど。普通の男だったらここでバカンスしてちゃ具合が悪いと真っ当な考えになって、クレオパトラとの楽しいナイル川周航もご破算にしていたかもしれません。でもカエサルは全世界を心配させておいて、なんだかふらふらして楽しがっていた。楽しんだ後意表をついてローマに帰るわけです。

人間って意表をつくってのはリーダーには大事な要素ですよね。


カエサルはよく兵士たちに言ったわけです。
「自分はこれまで幸運に恵まれてきた。だから私についてきたら心配ない」って。そう言っちゃうと「そうかなあ」って兵士は思っちゃう。それで何となく勝っちゃう。すると兵士たちは「あっそうね」って。

ハッタリだけれど、これが政治的センスってことです。実現できなかったとき「嘘ついたんじゃないの。」って言われる。なぜ実現できなかったか他人に伝えなくちゃいけないわけですから。現代の政治家はごまかしたり丸めこんだり・・・しっかり説明しないですよね。

なぜハッタリが言えたかと言えば、成功しなければ命が取られてしまうから。すざまじいリスクを背負い込んでいたから。現代なら謝罪会見ぐらいでしょ、あれはリスクですか。

昔の男たちは、リスクを負わなくちゃいけないから、決断を下していこうとする。だから男らしく見えるわけ。

リーダーの資質5つ

イタリアの小中学校の歴史教育では、リーダーの資質5つを教えています。

@知力:知識ではなく頭の使い方のこと。

A    説得力:敵を背得するため。自分の考えに相手を近つけるため。

B    肉体的耐久力:皇帝なんか激務でね。マッチョではなくて持久力があること。

C    持続する意思:ぶれない心ですよね。

D    自己制御能力:地位が高くなるほど不自由になる。感情の表現もタブー。職責だと思う。

 決断力・実行力は当たり前。
この5つを満たすのはカエサルぐらいなもんです。
(後半へ)
http://uutanokayama.seesaa.net/article/241595917.html

posted by uutan at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

冷温停止宣言? 年末恒例お笑いイベント&今年の言葉 絆

とうとうまともな判断ができなくなった野田首相。

秋口から”冷温停止を定義する・・・” とかなんとか議論された後
年内決着できるように定義されました。
それをクリアしたからと”冷温停止宣言”。

自分でゴール設定しておいて、それをクリアしましたと発表してもね。
それがどうされましたかということです。
おそらく重大な発表を控え、国民向けにおまじまないのつもりでされたんでしょうが、
下々は誰もそんなこと真剣には取り合いません。

汚染水はたまったままhttp://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011121302000183.html
放出した高濃度汚染水はゼロ査定http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011121602000186.html
(10年後、下々が海産物を食べてがんが多発した時、政府に損害賠償請求しにくくなる)

これを言う枝野大臣は、当事者です。
まるで電力会社にもっと献金よこせとでも言うがごとく。
当事者同士でやりやっても、
下々は”仲間割れしてるんか?”ぐらいにしか感じないでしょう。

いま最も必要なこと、
できないことはできないと言うこと。

@放射線は100年後には1/8になります。待てば海路の日和あり。
A費用対効果で汚染地域の汚染度除去はできません。http://www.asahi.com/national/update/1214/TKY201112140319.html
B仮に一通り工事した場合、茨城以上にホットスポットが無数に発生します。
C福島原発30km以内には放射性物質セシウム半減期30年以上は人が住むことはできません。
D同じお金をかけるなら、避難者の福利厚生や産業創造にお金をかけた方が費用対効果が高いです。
E政府には、借金をする余裕がありません。

いろいろあると思いますが、政治家ならはっきり言うべきことです。
避難者並びに他の国民のためになるお金の使い方をしましょう。
公共工事と称して、政治家の方々にキックバックする企業群とは取引をやめましょう。

これを申し上げる理由は
続きを読む
posted by uutan at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

映画コンテイジョンと生物兵器&人類の進化

マット・デーモン主演の” コンテイジョン ” 。
これを観てきました。
パンデミックが起こった際の教育映画そのものでした。
アメリカのCDC(疾病対策センター)内で上映されたわけです。
”見て勉強してくださいね” 
と言われているよう。

致死率は25%程度で設定されたウィルス病でしたが、
H5N1型鳥インフルエンザに似た設定です。
まるでパンデミックが近づいているから、
対処方法を知っておきなさいと言われているようにも聞こえます。

http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/hemagglutinin_mutations_respon.php
東京大学医学研究所 河岡義裕 先生のチームの過去の論文です。
今年、チームは鳥インフルエンザ H5N1型の毒性を飛躍的に上げることができました。
哺乳類にも感染させることができ、死亡率も高いです。
いくつかの遺伝子を変えるだけで、哺乳類に感染できたという論文は、2011年12月現在学会誌への掲載を見送られています。
生物兵器への転用が危惧されるからです。
オランダのウイルス学者ロン・フォウチャーのチームも同様です。

マヤ暦の区切り2011年、新たな時代へ
2011年はマヤ暦の最終年
ですが、
人類にとっては重大な転換点になりました。
東南アジアでは珍しくなくなったH5N1型鳥インフルエンザ。
簡単な技術で破壊的生物兵器を作り出す時代です。

NYの片隅の一室の簡易実験室でも作業は簡単です。
知識と技術があれば、自爆生物テロが簡単にできる時代の幕が開いたのです。


人類と生物兵器の利用
人類の歴史の中では生物兵器は珍しくありません。
籠城中の城郭都市に、死んだネズミを投げ入れたチンギスハーンのモンゴル軍。(チフスを蔓延させるため)
日本軍も大陸では、炭ソ菌を使っていました。
いずれも、大きさは1ミクロン程度の菌(生き物)です。

ところがウィルスは菌の1000分の1程度の大きさです。
しかも生物(増殖)と物質(結晶化)の中間の存在です。
抗生物質は効かず、ワクチンで治療します。
進化のスピードが速い。
季節性インフルエンザでおなじみのように毎年形を変えてきます。
去年のワクチンは、今年のインフルエンザには効果なしです。
生物兵器にしにくい理由がここにあります。
いくらワクチンを作っても、生物兵器のウィルスは七変化し兵士に襲いかかってくるのです。

ウィルスは人類に犠牲と進化をもたらす
つまり、ウィルスは人類にとって強敵です。
激しく人口は減少しますが、同様に進化が引き起こされます。
言いかえると
2011年は人類の劇的進化の時代の幕開けとも言えます。
ホモサピエンスが人類の大多数を占めるようになって数十万年がたちました。
人類の進化の歴史が停滞し続けてきたわけです。
そのために、様々な病に弱い個体が増え、種の存続に黄信号が灯っています。
ホモサピエンスを強制的に進化させるためにH5N1型インフルが出現するとも言えます。

一万年後の人類はこの時代を評してこういうでしょう。
ホモサピエンスが生き延びるために自ら進化を始めた”と。
後日こんな記事が出ました
posted by uutan at 18:54| Comment(1) | TrackBack(0) | パンデミックに備える? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

M9地震が近い という報道の本当の意味

http://nanako.sci.hokudai.ac.jp/~moriya/fm.htm
こちらのサイトが、
北海道大学理学院付属地震火山研究観測センター 森谷武男氏の
地震エコー観測法の理論です。

報道各社はこれでもかと、不安をあおる報道ばかり。
大切なことは、
@大震災前と同じFM波の異常現象が8カ月続いていること。
A東日本大震災以後、日本の活断層の活動度が10倍~70倍になったこと。(特に北伊豆断層帯)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111130/dms1111301607021-n1.htm
B日本中で震度5クラスの地震が起こっていること。(広島、北海道浦河etc)

危機管理的心構えとは
地震が2011年12月~2012年1月に起こると仮定してみること。
予想通り茨城沖の場合、東海地震、東南海地震、南海大地震と連動すると仮定してみること。
東海以南の太平洋岸は高さ15m程の津波を予想してみること。
生活の場面、職場、通勤途中、自宅・・・場面別に避難場所を考えてみる。

不安をあおられるのではなく
自ら不安を克服し、最悪の状況に備えることが危機管理です。
皆さんのご健闘を祈ります。後日こんな記事が出ました
posted by uutan at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南海地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。