2011年11月21日

強毒鳥インフルエンザH5N1を生物兵器にする技術に関する論文(改訂版)

2011年9月。ポルトガル南部の都市ヴィラモウラで
第3回欧州インフルエンザ会議(EWSI;The European Scientific Working group on Influenza)
オランダのエラスムス医療センターのウイルス学者ロン・フォウチャーは、
驚くべき発表をしました。

鳥インフルエンザウイルスH5N1に5つの単純な遺伝的調整をすると
フェレットにはるかに感染しやすいH5N1が現れました。

”フェレットに感染しやすい”とは、”人に感染しやすい”ということ。

軍事兵器としてH5N1ウィルスを使う方法を公開したわけです。

H5N1型鳥インフルエンザの人の致死率は60%。
人工的に作ったものが漏れ出した場合、
それはヒトの手を離れて勝手に変異し始めます。

数年にわたり数波波状攻撃が季節を問わず、人類全体に与えられます。
毎年やってくるインフルエンザ同様にやってくる致死率60%のインフルエンザ

因みに致死率60%の意味は
・患者にはタミフルを通常の2倍の量を2倍の期間投与している
・お医者にかつぎ込まれるタイミングが遅い患者が多い
・患者発生を嫌う養鶏業者が多いため届けない人も多い

これを加味しても高い致死率(20%台)であることは変わりません。

さらなる疑問:何故今、発表?

すでに軍は開発済?!
数年内にパンデミック?!
バイオテロとして某国侵攻作戦?!

よく考えてみてください。
誰が何の理由でこの発表をしたのか、させたのか。
あと数年でわかると思います。


以下原文掲載

続きを読む(以下引用)
posted by uutan at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パンデミックに備える? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。