2011年01月28日

野鳥たちは死なない

鳥インフルが野鳥たちの間で流行っているよう。
ところが一部には死なない野鳥もいるだろうし、
全く症状が現れない野鳥もいるだろう。

理由はインドネシアでH5N1型にかかる人が続出した時
患者さんの中で確認されたことだから。

いずれ、症状を全く表さない野鳥がうつし回る時が来る。
日本に永久にH5N1型が居つく。

各国では鳥を食べたテン・ネコ・イタチ等が死んでいるようだ。

日本にはイノシシも多い。
これって豚の仲間。
もし豚にH5N1型が感染したら、人型インフルとなりやすい。
豚には症状がでにくいので見つけにくいという。
自然界の流れなのだからどうしようもないこと。

近い将来、人類は強烈的人口減を経験するかも。
毎年、変異したH5型が繰り返し流行。
抗インフルエンザ薬は効かなくなる。
理由は下水道の小便中の薬、
鳥や野生動物が飲む水のみ場にも・・・・、
ウィルスが簡単に薬をものにする機会があふれてるから。

自分だけかからずに済むわけが無い。
自分も感染するつもりで、
身体の抵抗性を高めてください。
このブログを参考に。

死んだときのことも考えておくと
今しかできないことがはっきりするかも。

死なずに済む方法も無いこと無い。


posted by uutan at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥からの感染

メディアは産業界に遠慮して本当のことを言わない。聞いていると、よく矛盾したことを真面目な顔して伝えている。
これでは北朝鮮の報道管制よりたちが悪い。

今起こっている事態は、
@野鳥の間で感染が広がり
Aウィルスは変異
Bあらゆる動物に感染をはじめ
C牛豚へ静かに感染(症状がでない)
D複数ルートで人へ感染
Eヒト ヒト感染がはじまる
Fいずれ人社会に定着
G毎年ウィルスは進化を続ける
H現在のライフスタイルは、新たなライフスタイルへ

こんな感じで数年かけ推移する可能性がある。
縁起の悪いことに、来る節分が新月であること。
古の言い伝えどおり、新月から新しい局面がはじまり。
重たい気が漂っている。

posted by uutan at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

サイは投げられている

私は、生業の一部として農業をしている。植物の生態を観察し
植物に感心する事

植物は如何なる場合も、
子どもを如何に残すか
という一点で行動する。
土表面を覆いつくし、
お互いの根が太陽光線にさらされないように
命の水を確保しあう協力

光合成で上に上に競争する場面もあるけれど、
根絶やしにはしない。

結果的に7千万年以上続くアブラナ科他・・・・・・。
翻って人類はどうだろうか?
他人の子を引き取り、
アフリカの子を助けという感じはない。
中にはすばらしい精神の持ち主がおられるが極少数。

もし、ウィルスと人類の戦いと捉えるなら
すでに雌雄は決している。
人類は戦う前から負けている。
子孫を大切に扱えない種族は滅びるが必定だから。

もし、生き残りたいなら・・・・
戦わないこと。
過ぎ越すこと。続きを読む
posted by uutan at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィルスはわからないもので

イギリスでは大変な事態?
10万人当たりの患者数は200人越え。
集中治療室の25%H1N1
患者死者とも20〜40代の成人に多い。
累計死者数も100人越え?
H1N1は本格的に変異したってことかな。
スペイン風邪同様かな。


お隣韓国では、疑い例24箇所、判明した20箇所近く・・・・
これはH5N1型に感染した養鶏場の数。
いよいよ本命が動き出したということ。
眠れる獅子H5N1どこへ行く?

H5N1型には人間社会をコッパ微塵にする力がある。
鶏を過密養鶏した結果、
最終的に産まれてきたH5N1型

パンデミック(爆発感染)は、
江戸時代から二十数回あるとも聞く。
文明の極みで爆発感染するH5N1型
文明が生み出したゾンビなのだから、
人類が責任を持ってこれと対峙しよう。

対峙する仕方はこちら。・・・・・
免疫を上げる方法はここをクリックしてください
posted by uutan at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指すところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。