2010年01月14日

いわゆる専門家って? 嘘つき

http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY201001130139.html
世界保健機関(WHO)幹部とワクチン製造会社が癒着という記事。
多少の利益を上げたかった製薬業界。
ちょっとぐらいいいだろう。

それよりも大問題はこれ。
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=9134
豚や飼い犬にまで新型インフルエンザは感染している。
来るべき強毒型インフルエンザは豚の体内でヒトヒト感染力をゲット。
ヒト型インフルエンザと強毒型インフルエンザに同時に感染した豚の体内。
そこで、二つが結婚。
そのベビーたちがあふれかえったとき
パンデミックがスタートする。

その日は遠くない。
今回は強毒型襲来の予行演習。
結果は上々。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私自身は、感染しても治癒する準備万端OK。
理由は柔よく剛を制す
感染する前に受け流す身体つくり。

@身体を正す食事をします。
無農薬無肥料野菜
手に入らないヒトは野菜摂取を控える。
理由は、野菜に含まれる大量の硝酸や残留農薬が怖いから。
替わりに玄米食。
ビタミンのほとんどを摂取できる。
白米を食べ始めた江戸時代、将軍家では病気が多発。
それを”江戸わずらい”と言ったらしい。
”白米”をひっくり返すと粕。
昔の人はよく言ったものです。

A電子を取り込みます。
素足で地面を歩いたり、
電池の陰極を身体に当てるだけで、
体中の活性酸素は還元される。
最も効果的なのは
先に紹介したタカタイオン
(免疫向上はびっくりもの)
高価で買えない人は
中学校レベルの理科の知識を復習して電子探し。
土いじりをするだけでもOK。
地磁気を持つ地球の電子を受け取れる。
どんな形でも良いからアースすればOK。
地球は我々の母だから。

B水道水の塩素抜きをしっかり
大腸菌を殺すために塩素を入れた水道水。
身体に入ると我々の細胞を塩素で殺す。
だから、塩素抜きをしっかりした水が大切。
ついでに炭入りならなおよしです

怖れずに淡々と準備。
避難訓練と同なじ。
何度も予行演習すれば怖くない。
被害も最小限で済む。
落ち着いて
確実に体質改善。

ただ言える事は、
自然が弱った個体を食べにきている状態なんだと言うこと。
間引かれないようにするには、
身体から毒抜き。
丈夫な身体つくり。
自然に対し畏敬の念。
posted by uutan at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パンデミックに備える? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。